Braveの「Tor」ってなに?特徴から使い方を解説【スマホでも使える?】

Braveの「Tor」ってなに?特徴から使い方を解説

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

Braveの「Tor」ってなに?使い方を教えて欲しい。
スマホでもできる?

とお考えではないでしょうか。

Braveブラウザには「Tor」という機能が備わっていますが、詳しい説明がないので「なんなのこれ?」と思っている人も多いはず。

そこで今回は、Braveブラウザの「Tor」機能について詳しく解説します。

使い方や、スマホでも使えるのかも紹介するのでぜひご覧ください。

イブ
イブ

この記事を読めば、Torをフル活用できますよ!

※Brave(ブレイブ)の導入方法・使い方についてはこちら
→Braveブラウザの使い方完全マニュアル

この記事で分かること

・Braveの「Tor」とは
・BraveのTor 使い方
・【検証】Torで安全性は上がるのか
・Torに関するよくある質問

【Braveを活用するにはビットフライヤーが必須

本記事で紹介するBraveは、YouTube広告を無料で消せて、仮想通貨もたまる優れもの

ですが、その為には仮想通貨取引所であるビットフライヤー必須です。

※ビットフライヤーはBraveとの連携ができる仮想通貨取引所

審査に時間がかかる場合もあるので事前に作成しておきましょう。

※申請は最短10分ほど(無料)

Braveの「Tor」とは

BraveのTorとは

ここでは、Braveブラウザに備わっている「Tor」とはどんな機能なのか?解説していきます。

結論、「Tor」を利用するとプライバシー保護が強化されます

分かりやすくするために、内容を下記の3つに分けました。↓

イブ
イブ

さっそくそれぞれについて、見ていきましょう!

前提:3つの開き方

前提として、Braveで検索を行う方法としては3つのやり方があります。

その3つとは以下の通り。

・通常のウィンドウ
・プライベートウィンドウ
・Tor接続のプライベートウィンドウ

結論、上記は下に行くほどプライバシー保護の機能が高まります

イブ
イブ

つまりTor接続を使えば、通常のプライベートウィンドウより、セキュリティが高いってことですね。

じゃあそんなTorってどんな機能なの?という点を詳しく掘り下げていきます↓

BraveのTor機能 特徴とメリット

BraveのTor機能を使った場合、ウェブサイトへの接続方法が通常とは異なります

Torを使って接続する場合は、Torネットワーク内にある3つのコンピュータを巡ったあと、目的のwebサイトへ訪問する仕組み。

図にするとこんな感じです↓

【図解】BraveのTorで接続する際の仕組み
【図解】BraveのTorで接続する際の仕組み

このように間に3つのコンピューターが入ることで、下記の状況が生まれます。

・コンピュータ①はアクセス元がわかる
・コンピュータ③はアクセス先がわかる
・コンピュータ①③は互いに通信しない

これによって、アクセス先からは利用者を追跡しにくい状態になりますね。

追跡しにくいということは、利用者の匿名性があがるということです。

なので、Tor接続のメリットはプライバシーが強化されることとも言えますね。

イブ
イブ

ややこしく感じますが、間に複数のコンピュータが入ることで、セキュリティが上がると思っていただいたらOKです。

BraveのTor機能 デメリット

BraveでTor機能を使うデメリットは、主に下記の2つ。

それぞれ簡単に解説します。

通信が遅くなる可能性がある

先ほど記載した図の通り、Tor接続を使用すると通常よりも多くのネットワークに接続します。

【図解】BraveのTorで接続する際の仕組み
【図解】BraveのTorで接続する際の仕組み

その為、通常モードで検索を行うよりも通信速度が低下する可能性があります

サイトを上手く閲覧できない可能性がある

サイトによっては、IPアドレスを確認する必要がある場合も考えられます。

しかしそういった場合にTorを利用していると、上手く判別できずにサイトが機能しない場合もあるので、問題がある時は通常モードに切り替えましょう。

イブ
イブ

Torを利用する場合は必要に応じて切り替えるのがいいですね。

BraveのTor 使い方

BraveのTor 使い方

BraveでTorを使う方法はカンタンです。

Braveブラウザを開いて、右上の「三本線」をクリック。

Torで新しいプライベートウィンドウを開く」をクリック。

下記画面が表示されるので、左上の「切断されました」が「Torの接続が完了しました」に変わるまで待ちましょう。

左上がこのように変わります↓

イブ
イブ

あとは普通に検索するだけ!簡単ですね。

【検証してみた】BraveのTorで安全性は上がる?

【検証してみた】BraveのTorで安全性は上がる?

BraveのTor機能を使うと、本当にIPアドレスが変わるのか検証してみました

検証に使用したサイト:cman.jp

Torを使用している時と使用していない時のIPアドレスを確認すると下記の通り↓

BraveのTor機能使用前後での効果確認結果

使用前のIPは一部伏せていますが、使用中のIPアドレスと異なっています。

このことから、Torを使用すると匿名性が上がっていることが分かりますね。

イブ
イブ

通信速度の差はあまり感じませんでした。

Braveブラウザ自体の安全性についてはこちら↓
>>【検証してみた】Brave(ブレイブ)ブラウザの危険性・安全性

BraveのTorに関するよくある質問

BraveのTorに関するよくある質問

ここでは、BraveのTorに関するよくある質問をまとめました。

イブ
イブ

さっそく解説していきます!

①BraveとTorは何が違うの?

BraveにはTor機能が搭載されていますが、そもそも「Torブラウザ」という別のブラウザがあります。

Torブラウザは匿名性の高いブラウザであることが有名で、Braveはその機能を一部利用している状態ですね。

イブ
イブ

Torには広告ブロック等の機能はないので、Braveが良いとこどりしてる感じですね。

②Torはスマホ(iPhone,Android)でも使えますか?

BraveのTor機能は、スマホ(iPhone,Android)では使えません。

デスクトップ版のみ対応しているので、パソコンから利用しましょう。

イブ
イブ

スマホ対応することがあればここに追記しますね!

③Torで「切断されました」と表示されるんだけど。

「切断されました」と表示されている場合は、接続されるまで待ちましょう。

このように切り替わります↓

通常は数秒程度で接続が始まりますが、なかなか切り替わらない場合はブラウザの再起動をお勧めします。

イブ
イブ

最初開いたときは、毎回「切断されました」と表示されますよ。

まとめ:BraveのTorを使ってセキュリティを高めよう

以上で本記事は終了です。

BraveのTor機能を使えばプライベートモードより匿名性の高いネット環境が得られます

ぜひ活用してセキュリティを高めましょう。

関連記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました