MetaMask(メタマスク)からの出金方法を分かりやすく解説【国内/海外取引所へ】

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

MetaMask(メタマスク)からの出金方法を知りたい。

ちゃんとできるか不安。

とお考えではないでしょうか。

MetaMask(メタマスク)への入金は無事できたものの、出金時にミスせず送金できるか不安ですよね。

今回はそんな方に向けて、MetaMask(メタマスク)からの出金方法を分かりやすく解説します。

国内取引所、海外取引所(Binance)へ出金する場合に分けて解説しますので是非ご覧ください。

この記事で分かること

・MetaMask(メタマスク)とは
・MetaMask(メタマスク)からの出金方法
・よくある質問、注意点

【コインチェックを使っている人はかなり

コインチェックにはイーサリアムやリップルの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円もとられます。)

その為、取引所のあるビットフライヤー を使うのがおすすめ。

日本円に換える際も損してしまうので、事前に登録しておきましょう。

※審査に時間がかかる場合もあるので、先に申請だけしておくとスムーズです。

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨ウォレットの1つです。

ウォレット内で仮想通貨を保有し、DeFi等のアプリケーションと接続して取引を行うことができます。

イブ
イブ

自身で管理する仮想通貨の財布だと思ってもらえればOK。

仮想通貨ウォレットの種類はたくさんありますが、最も有名で多くのユーザーが利用しているのはMetaMask(メタマスク)です。

サイトによっては、MetaMask(メタマスク)との互換性のみ検証しており、MetaMask(メタマスク)の利用を推奨しているところもあるので、最初はMetaMask(メタマスク)を作っておくのが無難ですね。

MetaMask(メタマスク)からの出金方法

metamask

本題のMetaMask(メタマスク)からの出金方法について解説します。

①国内取引所へ出金する場合、②海外取引所へ出金する場合の2パターンに分けて解説します。

MetaMask(メタマスク)からの出金方法
イブ
イブ

読みたい方をクリックすると該当箇所まで飛びますよ。↑

それでは、さっそく見ていきましょう。

①国内取引所へ出金する場合

まずは国内取引所へ出金する場合について、やり方を3STEPで紹介します。

⇒海外取引所へ出金する場合はコチラ

MetaMask(メタマスク)から国内取引所へ出金する方法 3STEP
  • STEP①国内取引所のアドレスを確認
  • STEP②MetaMask(メタマスク)にて送金を実施
  • STEP③時間を置いて入金を確認

それでは早速見ていきましょう。

STEP①国内取引所のアドレスを確認

まずは、国内取引所にて出金アドレスを確認していきます。

※今回は例としてETHを国内取引所へ出金

注意:国内取引所で販売所を使うとかなり損

アドレスの確認を進めたいところですが、1点注意が必要です。

それは、出金する通貨の取引所があるかどうか

例えばコインチェック には、イーサリアムやリップルの販売所しかありません。
(取引所はない)

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。

イブ
イブ

仮に50万円分を売ったり買ったりすると、それぞれ1.5万円はしてしまいます

なので、取引所のあるビットフライヤー を使いましょう。

参考記事:コインチェックのスプレッドは広すぎる!


前置きが長くなりましたが、本題の「STEP①出金先のアドレス確認」を進めていきます。

イブ
イブ

今回はコインチェックとビットフライヤーを例としました。

↓クリックすると開きます↓

コインチェックのアプリを開いて、下部の「ウォレット」をタップ。

開いたページでコインチェックへ出金したい通貨を選択しましょう。(今回はETH)

※国内取引所へ送金する場合は、国内取引所が取り扱っている通貨でないと出金することができません。

イブ
イブ

例えば、BNBとかだと一度Binance(バイナンス)に出金してから、他の通貨に交換して国内取引所へ送る必要があります。(後述しますね。)

「受取」をタップすると、アドレスが表示されるのでコピーしましょう

このアドレスはSTEP2で使用します。

コインチェックからメタマスクに送ることも可能ですが、取引時にスプレッドで損をしてしまうので、ビットフライヤーを利用するとお得です。

以下やり方↓

ビットフライヤーのアプリを開いて、「入出金」をタップ。

続いて、開いたページ上部の「仮想通貨」をタップ。

入金したい仮想通貨をタップし、「入金」を選択。(今回はイーサリアム)

※国内取引所へ送金する場合は、国内取引所が取り扱っている通貨でないと出金することができません。

イブ
イブ

例えば、BNBとかだと一度Binance(バイナンス)に出金してから、他の通貨に交換して国内取引所へ送る必要があります。(後述しますね。)

表示されたアドレスをタップしてコピーしましょう。


このアドレスはSTEP2で使います。

STEP②MetaMask(メタマスク)にて送金を実施

MetaMask(メタマスク)を開いて、真ん中の「送金」をクリックします。

送金をクリックして開いた画面で、STEP1でコピーしておいたアドレスを入力。

続いて、アセットに出金したい通貨を選択し、金額に出金したい数量を入力します。

「次へ」をクリックするとガス代の確認画面が表示されますので、問題なければ「確認」をクリックすれば完了です。

イブ
イブ

ETHのガス代は数千円します。タイミングによっては1万円を超えていることもあるので、その場合は少し時間を置いて再度試してみるといいですよ。

STEP③時間を置いて入金を確認

あとは国内取引所にて入金を確認しましょう。

イーサリアムの場合、通常は数分から数十分で完了しますが、タイミングによっては数時間かかることもありますので、気長に待ちましょう。

イブ
イブ

なかなか到着しないと焦りますけど、手順を間違えなければ必ず届きます!

②海外取引所へ出金する場合

こちらでは、MetaMask(メタマスク)から海外取引所へ出金する方法について解説していきます。

流れとしては国内取引所へ送金する場合と同じです。

※海外取引所は最大手のBinance(バイナンス)を例としました。

MetaMask(メタマスク)から海外取引所へ出金する方法 3STEP
  • STEP①海外取引所のアドレスを確認
  • STEP②MetaMask(メタマスク)にて送金を実施
  • STEP③時間を置いて入金を確認

それではさっそくみていきましょう。

STEP①海外取引所のアドレスを確認

まずは、海外取引所のアドレスを確認していきます。

今回はBinance(バイナンス)を例として見ていきますので、公式アプリを開きましょう。

Binance(バイナンス)アプリを開いて、下部よりウォレットタブを選択。

ウォレットタブを開くと、上部に「入金」とあるのでタップ。

続いて、どの通貨を入金するかを選択する為に、上部の検索窓にて入金したい通貨を検索。

イブ
イブ

今回はBNBを例とします。

入金したい通貨を選択すると、下記のようにネットワーク選択の画面がでてきます。

今回はBSCでBNBを送金するので「Binance Smart Chain(BEP20)」を選択。

PancakeSwapで利用していたBNBやCAKEを移したい場合もこのBEP20ですね。

イーサリアムネットワークでETHを送りたい場合はERC20を選択しましょう。

入金アドレスが表示されますので、アドレス横のアイコンをタップしてコピー。

以上でSTEP①は完了です。

STEP②MetaMask(メタマスク)にて送金を実施

続いて、先ほどコピーしたBinance(バイナンス)のアドレスを用いて、MetaMask(メタマスク)にて送金を実行します。

やり方は国内取引所に送る場合と同じ。

MetaMask(メタマスク)を開いて、真ん中の「送金」をクリックします。

送金をクリックして開いた画面で、STEP1でコピーしておいたアドレスを入力。

続いて、アセットに出金したい通貨を選択し、金額に出金したい数量を入力します。

「次へ」をクリックするとガス代の確認画面が表示されますので、問題なければ「確認」をクリックすれば完了です。

イブ
イブ

ガス代は数千円以上しますが、タイミングによっては1万円を超えていることもあります。その場合は少し時間を置いて再度試してみることをおすすめします。

STEP③時間を置いて入金を確認

時間を置いて入金が完了しているか確認しましょう。

イーサリアムの場合、通常は数分から数十分で完了します。

タイミングによっては数時間かかることもありますので、気長に待ちましょう。

よくある質問、注意点

defi

こちらでは、よくある質問や注意点を紹介します。よければ参考にどうぞ。

他にも分からないことがあれば、Twitterとかで気軽にきいてください。

MetaMask(メタマスク)からの出金 よくある質問、注意点
  • ①国内取引所が対応している通貨で送金すること
  • ②異なるネットワークへ送金しないように注意
  • ③BNBを日本円にしたい場合はどうしたらいいか

早速それぞれ解説していきます。

①国内取引所が対応している通貨で送金すること

国内取引所へ送金する場合は、国内取引所が対応している通貨を送金する必要があります

例えばコインチェックへ送れる通貨は以下の通り。

これらの通貨ではない場合は、Binance(バイナンス)等の海外取引所に一旦送金し、対応している通貨に交換してから国内取引所へ送金しましょう。

②異なるネットワークへ送信しないように注意

MetaMask(メタマスク)からの出金時には異なるネットワークへ送金しないよう注意が必要です。

資金のロストしてしまう原因として、アドレスの入力間違いもあると思いますが、ネットワークを間違えて処理してしまった、というのもよく耳にします。

意外とよく確認せずに選んでしまいがちなので、選択しているネットワークで問題ないか十分注意してください。

③BNBを円に換えたい場合はどうしたらいいか

PancakeSwap等を利用していて、BNBを日本円にかえたい、という話をよく聞きます。

その場合、MetaMask(メタマスク)→Binance(バイナンス)→Binance(バイナンス)で交換→国内取引所へ出金という手順が必要となります。

なぜかというと、BNBはBSC(バイナンススマートチェーン)上の仮想通貨であり、国内取引所はBNBに対応していません。

一度Binance(バイナンス)に移して、イーサリアムなど、国内取引所が対応している通貨に変換しましょう。

イブ
イブ

国内取引所で日本円に換えたいと考えている場合は、出金手数料が安いリップルで送金するのがおすすめです。BTCやETHだと数千円くらいしますが、リップルは数十円。

最後に

以上で本記事は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よければこちらの記事もどうぞ。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました