【最新】NFTのおすすめ本5選【100万稼いだ僕が解説します】

【最新】 NFTのおすすめ本5選

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

NFTについて勉強したいけど、どの本がいいの?

とお考えではないでしょうか。

Amazon等でNFTの本を検索しても、「大量に出てきてどれが良いかわからない」ですよね。

そこで本記事では、NFTを学べるおすすめ本を紹介します。

下記の経験をもつ筆者イブが解説するので、参考になるかと!

【筆者イブのNFTに関する経験】
・NFTでの利益100万越え
・NFTの販売、購入は数百回以上
・NFT関連の記事を50本以上執筆

イブ
イブ

ぜひご覧ください!

この記事で分かること

・NFTとは
・NFTを勉強できるおすすめ本 5選
・NFT本に関するFAQ
・NFTでの稼ぎ方

【コインチェックを使うとかなりをする】

NFTを扱う上で、コインチェックを使うのはもったいないです。

なぜなら、コインチェックにはイーサリアムの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円も損。)

その為、取引所のあるビットフライヤー を使いましょう。

日本円に換金するときも損してしまいます。

早ければ、申請5分/審査30分ほどで開設できます。事前に作っておきましょう。

NFTとは

NFTとは

NFTとは、写真やイラストといったデジタルデータに、「唯一性」を付け加えたものです。

唯一性を付け加えることで、ネット上でも「この画像は僕の物だ」ということを証明することができます。

例えば、下記をご覧ください。

これは僕が購入した「adidas originals」のNFT。(40万円弱)

このNFTは、ブロックチェーン上にて僕の財布内にあることが記録されています。

その為、誰かに盗まれたり複製されたりすることはありません。

スクショしたらどうなる?

「え、でもスクショしたり、右クリックでコピーできるけど・・・」と考える人も多いと思います。

イブ
イブ

僕も最初そういう疑問を抱いていました。

仮にこのNFTがスクショされたとして、スクショした人は「自分のものであること」を証明できるでしょうか。

答えは、「できない」です。

なぜなら、スクショにはブロックチェーンのデータが紐づいていないから。

イブ
イブ

「このNFTを持っている」とウソをつくことはできますが、所有である事は証明できないですよね。

一方で、所有者はブロックチェーン上の記録をもとに自分のNFTである事を証明することができます。

じゃあそんなNFTを「どう利用してどんな価値が生まれるのか?」と言う点を、本で学んでいきましょう。

NFTを勉強できるおすすめ本 5選

NFTを勉強できるおすすめ本 5選

NFTを勉強できるおすすめ本を5選紹介します。

それではさっそく解説していきます。

①NFTの教科書

出版社朝日新聞出版
著者天羽 健介、増田 雅史
出版日2021/10/20
ページ数320
発行形態単行本、Audible版

この本は、NFTについて「初心者向けに分かりやすく」書かれている1冊。

なぜNFTが注目されているのかという点から、NFTの市場状況についても詳しく書かれています。

アートやメタバース、スポーツといった場面で「どのようにNFTが活躍するか?」も理解することができます。

イブ
イブ

NFTの全体像を把握したい方におすすめですね

口コミ紹介

SNS上での口コミをいくつか紹介します。

②60分でわかる! NFTビジネス 超入門

出版社技術評論社
著者森川 ミユキ
出版日2022/4/13
ページ数144
発行形態単行本

本書では、NFTの超基本的な仕組みから、活用事例について具体例を交えて解説されています。

その為、「NFTに関しては既にある程度理解している」「発展的な内容を学びたい」という人には向いていないと言えるでしょう。

イブ
イブ

NFTについてほとんど知らない初心者の方には、合うかと!

口コミ紹介

③NFT 完全初心者への徹底解説

著者白辺 陽
出版日2021/5/13
ページ数139ページ
発行形態電子書籍

こちらも①②と同じくNFTの入門書に近い位置づけ

NFTとは?という基礎的な内容から、これまでの発展(歴史)、NFTの買い方等を学べます。

イブ
イブ

高額の取引事例なども紹介されているので、事例を交えながら学びたい人には合うかなと!

口コミ紹介

④デジタル資産投資 NFTがよくわかる本

出版社秀和システム
著者松村 雄太
出版日2022/2/7
ページ数167ページ
発行形態電子書籍、単行本

本書では、NFTの活用事例や、注目を集めたNFTアートの具体例が多く紹介されています。

過去どのようなアートが注目されてきたか、が分かるのでNFTが発展してきた歴史を知りたい方にはおすすめ。

イブ
イブ

もちろん、NFTの基礎的な内容も紹介されていますよ。

口コミ紹介

⑤億り人が徹底解説!初心者向けNFTの入門書

著者イケダハヤト
出版日2021/11/29
ページ数58ページ
発行形態電子書籍

NFTプロジェクトを運営している「イケダハヤト」氏が書いた1冊。

こちらもNFTの基本的なことは網羅されています。

ページ数は58ページと少ないですが、390円と格安なのでさくっと基本的なことだけ学びたい方におすすめです。

イブ
イブ

詐欺事例なども書いてあるので、その点も勉強になりますね。(NFT界には詐欺が多いので。)

口コミ紹介

実際、どのNFT本を選べばいい?

どのNFT本を読めばいい?

記事前半では、NFTを学べるおすすめ本を5冊紹介しました。

しかし、実際どの本を読むか迷う」と言う方も多いはず。

そんな方には、「⑤億り人が徹底解説!初心者向けNFTの入門書」がおすすめ。

この本の特徴としては、下記の2点。

・NFTの基本的なことが簡単にまとまっている
 (58ページ)
・390円と格安

イブ
イブ

まとめると、比較的低価格でNFTの基本を短時間で学べるという事ですね。

NFTの世界は歴史も浅く急速に発展している為、トレンドも数か月ほど(早ければ数週間)で変わってしまいます。

書籍で学んでいると追いつかない部分も多く、NFTで利益を出すためには実際に触れて体験することが最も重要です。

その為、導入となる本を1冊さくっと呼んで、実際にNFTを作る/売買することをおすすめします。

イブ
イブ

紹介した他の本でも基本は学べます。なので、自分に合いそうなものを1冊選んで基本を押さえ、あとはNFTの世界に飛び込みましょう!

NFT本を無料で読む方法もある

「いくら低価格でも買って失敗したらいやだなあ」という方もいるはず。

そんな方はAmazonの「Kindle Unlimited」を利用するのも選択肢の1つです。

メリットとしては下記の通り。

・紹介した本の内2冊()は無料で読める
・登録後30日間は無料

イブ
イブ

「登録→本を読む→30日以内に解約」すれば無料でメタバース本を読むことができます。30日あれば空き時間に十分よめるので、あとはカレンダーとかに解約日を入れておけばOK。

本でNFTについて学んだら実際に触ってみよう

本でNFTを学んだら実際に触ってみよう

本でNFTについて学んだら実際にNFTを触ってみましょう。

NFTの始め方は大きく分けて下記の5STEP。

イメージ図はこんな感じです。↓ 

NFTを始める全体の流れ

国内取引所とMetaMaskという仮想通貨ウォレットを作成します。

そして仮想通貨を順に移動させていき、OpenSeaでNFT作品を作成するイメージです。

イブ
イブ

審査待ちとかを除けば、はやくて30分くらいで終わりますよ。

ではさっそくそれぞれのSTEPに分けて解説していきます。

①国内取引所の口座を作成

まず最初に国内取引所の口座を開設しましょう。

国内取引所はたくさんありますが、正直どこでもOKです。

イブ
イブ

好きなところを選んで作ってください。

僕の場合は、ビットフライヤー という取引所を使っています。

注意:コインチェックを使うと「」をする

コインチェックは使いやすいですが、NFT売買に必要なイーサリアムを「販売所」でしか取り扱っていません。

販売所は購入時のスプレッド(実質これが手数料)が大きいので、取引所でイーサリアムを扱っているビットフライヤー で購入するのがおすすめ。

イブ
イブ

相場も影響するのでタイミングによりますが、最低でも2~3000円くらいは変わってきますね。

※審査に時間がかかるので先に作っておくとスムーズです。

②国内取引所にてETHを購入

続いて、国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入しましょう。

最大のNFTマーケットであるOpenSeaでは、複数のブロックチェーンに対応していますが、主流はETH(イーサリアム)です。

約2000万点ものNFTの内、約1500万点がイーサリアムチェーンのNFT。

イブ
イブ

ETHの利用者がもっと多いので、イーサリアムチェーンが最も売れる可能性が高いです。

どれくらい購入すれば良いか?

NFTを出品するか、購入するかによっても必要なイーサリアムの量は変わります。

出品する場合は、余裕をみて「0.1ETH」ほどあればNFT作品を作って出品することはできるかと。

イブ
イブ

0.1ETHは相場にもよりますが3万円前後。

※余った分はあとで日本円に戻せます。

NFTを購入する場合は、購入したいNFT分の費用を準備しましょう。

③仮想通貨ウォレットを作成

続いて、仮想通貨ウォレットである「MetaMask」を作成していきます。

仮想通貨ウォレットはいくつかありますが、最も有名なのがこれ。

イブ
イブ

大半の人が使っており、様々なサイトとの互換性も高いです。

MetaMask(メタマスク)の公式サイトに飛び、ダウンロードを行います。
メタマスク公式サイト

作成する手順については、こちらの記事にて画像付きで解説しましたので、ご覧ください。
MetaMask(メタマスク)の作り方

④仮想通貨ウォレットにETHを送金

続いて、仮想通貨ウォレット(MetaMask)に先ほど購入したETH(イーサリアム)を送金していきます。

イブ
イブ

ここまでくれば、あともう少し。

送金方法はこちら↓の記事にまとめました。

該当する方を読み進めてください。

◆コインチェック
⇒コインチェックからメタマスクへ送金する方法【簡単3STEP】

◆ビットフライヤー
⇒ビットフライヤーからMetaMaskに送金する方法

はやければ5分ほどで終わります。

イブ
イブ

おすすめは手数料の安いビットフライヤー です!

⑤OpenSeaでNFTを作成 or 購入

NFTの売買には、最大手のマーケット「Open Sea」を利用します。

イブ
イブ

最もメジャーで利用者も多いので、利益を上げるならまずはここ一択。

ここからは、NFTを作成する/購入する場合で手順が違うので、別記事で解説しました↓

◆NFTアートの作り方
【かんたん】NFTアートの作り方を解説

◆NFTを売買する方法
NFT転売のやり方・始め方を解説

NFT本に関するFAQ

NFTに関するFAQ

ここでは、NFT本に関するFAQ(よくある質問)をまとめました。

NFT本に関するFAQ
  • NFT本を1冊読むならどれ?
  • NFT本を読んだ後は何をすればいい?
  • NFT本を無料で読む方法は?

早速それぞれについて見ていきましょう。

Q
NFT本を1冊読むならどれ?
A

NFT本を1冊読むなら、「億り人が徹底解説!初心者向けNFTの入門書」がおすすめ。

上記の本では、余分な情報が少ないので比較的短時間でNFTの基本を学ぶことが可能です。

NFTの世界は変化が激しいため、まずは1冊読んで基本を理解し、実際に触ってみる事が最も深く学ぶ方法です。

Q
NFT本を読んだあとは何をすればいい?
A

NFT本を読んだ後は、実際にNFTを作る/売買することにチャレンジしてみましょう。

チャレンジというと少し大げさですが、触ってみることで更に理解が深まり、利益を生み出す方法も分かるかと。

初期費用も1,000円ほどあれば問題ないので小額でもNFTを始められます。

Q
NFT本を無料で読む方法は?
A

NFT本を無料で読むためには、「Kindle Unlimited」の無料期間を活用しましょう。

登録後30日間は無料なので、本を読んだあと継続する必要がなければ解約することで、費用は発生しません。

忘れないように、スケジュール等に無料期間終了日を登録しておくと良いですね。

まとめ:NFT本で基本を学ぼう

NFT本は、NFTの基本を学ぶには非常に有用です。

>>NFT本をもう一度確認する

ですが、歴史も浅く発展途上中であるNFTの世界では、数か月変われば状況も大きく変わります。

その為、NFT本を読んで基本を把握したら、実際にNFTを触ってみましょう。

イブ
イブ

初期費用も、1,000円もあれば始められるので気軽にチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました