【簡単】NFTアートの作り方を解説!初期費用やおすすめアプリも紹介

話題のNFT作品、NFTアートを作ってみたい。作り方を知りたい。

とお考えではないでしょうか。

NFTアートは、小学生が自由研究で書いた絵が380万円で売れたりと、かなり夢がありますよね。

※僕はNFT界隈に毎日張り付いていますが、このような事例は氷山の一角

ということで本記事では、NFTアートの作り方を分かりやすく解説します。

NFTアート・デジタルアートの作成に便利なアプリも紹介しているので、ぜひご覧ください。

イブ
イブ

下記の経験をもつ筆者イブが解説するので、参考になるかと!

【筆者イブのNFTに関する経験】
・NFTでの利益100万越え
・NFTの販売、購入は数百回以上
・NFT関連の記事を50本以上執筆

この記事で分かること

・NFT、NFTアートとは
・NFTアートの作り方
・NFTアートにかかる初期費用
・NFTアートを作るのに便利なアプリ
・売れ筋のNFTアート作品
・Q&A

NFTの作り方だけ見たい方は目次から飛んでくださいね。

【コインチェックを使っている人はしている

コインチェックにはイーサリアムやリップルの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円も損。)

取引所のあるビットフライヤー を使いましょう。

※日本円に換金するときも損してしまいます。

早ければ、申請5分/審査30分ほどで開設できます。事前に作っておきましょう。

NFT、NFTアートとは

NFTアートの作り方を紹介する前に、「そもそもNFTとは」という話を簡単にしておきたいと思います。

NFTは簡単にいうと、デジタルデータに「唯一無二の価値」を付け加えたものです。

今まで、ネット上の画像等はだれもが簡単にコピーできるので、特定の誰かが所有することは困難でした。

ですが、NFT化することでその所有権を明確にすることが容易になりました。

イブ
イブ

この画像は俺のだ!みたいな感じで。

NFTについて更に詳しく知りたいかたは、「NFTって何?なぜ売れる?」をどうぞ。

スクショしたらどうなるか?等も解説しています。

NFTアートで1.8億円を稼いだ

また、余談ですが先日は12歳の少女がNFTを出品し1.8億円を稼いだ。というニュースがありました。

これは氷山の一角でして、いかにNFT市場が盛り上がっているかが分かります。

NFT作品・NFTアートの作り方

NFT作品・NFTアートの作り方を解説します。

上記は僕のアイコンをNFTにしてみました。

イブ
イブ

思い立ったらすぐNFTにできますし、右上の「Sell」ボタンからいつでも売りに出すことができます。簡単。

ではさっそく作り方を見ていきましょう。

作成までの手順を大きく分けると下記の5STEP。

イメージ図はこんな感じです。↓ 

NFTアートの作り方 全体の流れ

国内取引所とMetaMaskという仮想通貨ウォレットを作成します。

そして仮想通貨を順に移動させていき、OpenSeaでNFT作品を作成するイメージです。

イブ
イブ

審査待ちとかを除けば、はやくて30分くらいで終わりますよ。

ではさっそくそれぞれのSTEPに分けて解説していきます。

NFTアートの作り方 ①国内取引所の口座を作成

まず最初に国内取引所の口座を開設しましょう。

国内取引所はたくさんありますが、正直どこでもOKです。

イブ
イブ

好きなところを選んで作ってください。

僕の場合は、ビットフライヤー という取引所を使っています。

注意:コインチェックを使うと「」をする

コインチェックは使いやすいですが、NFT売買に必要なイーサリアムを「販売所」でしか取り扱っていません。

販売所は購入時のスプレッド(実質これが手数料)が大きいので、取引所でイーサリアムを扱っているビットフライヤー で購入するのがおすすめ。

イブ
イブ

相場も影響するのでタイミングによりますが、最低でも2~3000円くらいは変わってきますね。

※審査に時間がかかるので先に作っておくとスムーズです。

NFTアートの作り方 ②国内取引所にてETHを購入

続いて、国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入しましょう。

最大のNFTマーケットであるOpenSeaでは、ETH,Polygon,Klaytnという3つのブロックチェーンに対応していますが、主流はETH(イーサリアム)なので、まずはETHで良いかと。

約2000万点ものNFTの内、約1500万点がイーサリアムチェーンのNFT。

イブ
イブ

ETHの利用者がもっと多いので、イーサリアムチェーンが最も売れる可能性が高いです。

どれくらい購入すれば良いか?

相場やタイミングにもよるので、残念ながら「ずばりこれだけ!」という金額はありません。

余裕をみて「0.1ETH」ほどあればNFT作品を作って出品することはできるかと。

イブ
イブ

0.1ETHは相場にもよりますが3万円前後。

※余った分はあとで日本円に戻せます。

詳しくは記事後半で解説する「NFT作品の初期費用」をどうぞ。

NFTアートの作り方 ③仮想通貨ウォレットを作成

続いて、仮想通貨ウォレットである「MetaMask」を作成していきます。

仮想通貨ウォレットはいくつかありますが、最も有名なのがこれ。

イブ
イブ

大半の人が使っており、様々なサイトとの互換性も高いです。

MetaMask(メタマスク)の公式サイトに飛び、ダウンロードを行います。
メタマスク公式サイト

作成する手順については、こちらの記事にて画像付きで解説しましたので、ご覧ください。
MetaMask(メタマスク)の作り方

NFTアートの作り方 ④仮想通貨ウォレットにETHを送金

続いて、仮想通貨ウォレット(MetaMask)に先ほど購入したETH(イーサリアム)を送金していきます。

イブ
イブ

ここまでくれば、あともう少し。

送金方法はこちら↓の記事にまとめました。

コインチェック、ビットフライヤーそれぞれについて解説していますので、該当する方を読み進めてください。

コインチェック
⇒コインチェックからメタマスクへ送金する方法【簡単3STEP】

ビットフライヤー
⇒ビットフライヤーからMetaMaskに送金する方法

イブ
イブ

はやければ5分ほどで終わりますよ!

NFTアートの作り方 ⑤OpenSeaでNFTを作成

いよいよNFT作品・NFTアートを作成していきます。

作成するにあたってやることは、大きく分けてコレクションの作成と、アイテムの作成があります。

コレクションはブランドのようなもので、そのラインナップとして、NFTアイテムを作成していくイメージ。

イブ
イブ

コレクションを作成せず、アートだけ作ることもできますよ。

NFT作品の作成~出品
  • NFTコレクションの作成
  • NFTアイテムの作成
  • NFTアイテム出品

早速それぞれに分けて見ていきましょう。

NFTコレクションの作成

NFTの作成には、NFTマーケットプレイスとして最大手の「Open Sea」を利用します。

イブ
イブ

最もメジャーで利用者も多いので、利益を上げるならまずはここ一択。

公式サイトを開いて画面右上より、「My Collections」を開きます。

Open Sea公式サイト

続いて、開いたページで「Create a collection」を選択。

するとコレクションの必要事項を入力する画面がでてきます。

イブ
イブ

コレクションをブランディングするにあたり、しっかりと作りこんで入力することが望ましいです。

各項目を解説していきます。

  • Logo image:コレクションのロゴとなるイメージを選択
  • Featured image:ホームページ等で表示されるイメージを選択
  • Banner image:コレクションページ上部に表示されるバナーを選択
  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURLがあれば設定
  • Description:コレクションの説明
  • Category:コレクションのカテゴリーを設定
  • Links:各SNS等のリンクを入力
  • Royalties:転売された際等に発生するロイヤリティを設定
  • Blockchain:ブロックチェーンを選択
  • Payment tokens:どの通貨で販売するか選択
  • Display theme:表示の方法を選択
  • explict&sensitive content:刺激的なコンテンツの場合は選択
イブ
イブ

うええ、結構多い・・・。って感じですよね。

ただ、入力項目が多いですが、任意入力のものもあります

必要がないと判断したものは空欄でOK。

最後に「Create」をクリックすればコレクションの作成完了です。

NFTアイテムの作成

コレクションを作成したところで、アイテムを作成していきます。

公式ページ右上の「Create」を開きます。

すると、NFT作成画面が表示されます。↓

それぞれの項目を説明していきます。

  • Image,Video,:ここに画像や動画、音楽等をアップロード。
  • Name:その名の通り、NFTの名前を入力。
  • External link:NFTを説明するような外部リンクがあればここに入力。
  • Description:NFTアイテムの詳細をここで説明。

下にスクロールすると、更に項目が出てきます。↓

  • Collection:コレクションを作成していれば、どのコレクションに入れるか選べます。
  • Properties:NFTの特性を付加。(性別や髪色など任意の設定が可能)
  • Levels:NFTのレベルを設定。
  • Stats:NFTの数値特性を設定。
  • Unlockable Content:NFT所有者のみ解除できるコンテンツを追加できます。
  • Explicit&Sensitive Content:刺激的な内容の場合、設定してください。
  • Blockchain:どのブロックチェーンで作成するか選択。

上記を入力して、一番下の「Create」を入力することで、NFTの作成は完了です。

イブ
イブ

NFTコレクションのブランディングをする為にも、詳細設定の作りこみが重要になってきますね。

NFTアートの出品

最後に、作成したNFT作品を出品しましょう。

自身が作成したNFTだけでなく、一度購入したNFT等もこの方法で売却することができます。

OpenSeaのホームページ右上から、「My Collections」を選択。

自身が作成したNFT作品のページを開くと、右上に「Sell」というボタンがあるのでクリック。

「Sell」を押すと販売条件を設定することができます。それぞれの項目の内容としては下記の通り。

  • Type:定価販売かオークション販売か選択
  • Price:価格を設定
  • Duration:販売期間を設定
  • Fees:手数料。NFTが売れると販売価格の2.5%が差し引かれる

必要事項を入力し、「Complete listing」を押せば完了。

イブ
イブ

あとは売れるのを待つのみ!!

NFTアートにかかる初期費用

nft

ここでは、NFT作品・NFTアートの作成にかかる初期費用をまとめました。

NFT作品にかかる費用まとめ
  • ①MetaMaskへの送金手数料
    ⇒目安3千円前後
  • ②初回出品時のガス代
    ⇒目安1万円前後
  • ③NFTが売れた際の手数料2.5%
    ※売り上げから差し引かれる

費用はタイミングによって変動するので、あくまで目安としてください。

まとめると、初期費用としては1.3~1.5万円ほどです。

余裕をみても2~3万円程あれば始められるかと。

イブ
イブ

ギリギリを攻めてイーサリアムを購入すると、足りなかったときに再度送金するはめになり手数料がかかるので、多少余裕をみて準備することをおすすめします。

初期費用について、詳しくはこちらの記事で解説しています。
⇒【初期費用はどれくらい?】NFTを始める前に知っておきたい事

NFTアート作品を作るのに便利なアプリ

NFT作品自体を作るのに便利なアプリをいくつか紹介します。

NFT作品を作るのに便利なアプリ
  • ①ドット絵を作れるアプリ
  • ②ボクセルアートを作れるアプリ
  • ③3DCGが作れるアプリ

※全て無料

イブ
イブ

スマホでとった写真もNFTにできますが、ここではNFTアート・デジタルアートを作る人向けのアプリをピックアップしました。

①ドット絵を作れるアプリ

1つ目に紹介するのは、「8bit Painter」です。(無料)

⇒8bit Painter│App Store
⇒8bit Painter│Google Play

CryptoPunks(上記画像)のようなドット絵のデジタルアートを作りたい方におすすめ

イブ
イブ

感覚的に操作できるので、初心者の方でも扱いやすいと思います。

②ボクセルアートを作れるアプリ

2つ目に紹介するのは、MagicaVoxelです。(無料)

立方体のブロックを組み合わせたボクセルアートを作成することができます。

対応OSはWindowsとMacです。スマホではできません。

イブ
イブ

先ほど紹介したドット絵に比べると作るのが難しいので、上級者向けですね。

Magica voxelの使い方はこちらの記事(外部サイト)が参考になります。

③3DCGが作れるアプリ

3つ目に紹介するのは、Blenderです。(無料)

こちらは3DCGのデジタルアートが作れるアプリ。

イブ
イブ

上記のライトセーバーがCGとは思えないですね。こちらも上級者向けです。

こちらのサイトではBlenderで作られたデジタルアート作品が見れます。参考にどうぞ。

Blender アートギャラリー

Blenderの使い方はこちらの記事(外部サイト)が参考になります。

イブ
イブ

サクっとNFTに調整してみたい方は①のドット絵がおすすめ。普通に写真をNFT化したり、ココナラとかで外注するのも手ですね。

売れ筋のNFTアート作品

売れ筋のNFTアートは、「PFP」として利用できるものです。

イブ
イブ

PFPはSNSのアイコン等に用いられるNFTアートのこと。(Profile picturesの略)

最大手のNFTマーケット「OpenSea」にて、ランキングを見てみると、TOP5のうち4つはPFPのNFTコレクションです。

例えば下記は、関口メンディーさんのTwitterプロフィール。

「CLONE X」というNFTをプロフィール画像にしてますね。

このように、SNSのアイコンとして活用できるNFTアートが人気です。

イブ
イブ

セレブの中では高級NFTアートをアイコンにすることがステータス。ジャスティンビーバーもNFTをアイコンにしてます。

なので、NFTアートをこれから売りたいと考えている場合は、アイコンにできそうなNFT作品を作るのがおすすめですね。

最後に:NFTアートについて学んだら作ってみよう

以上で本記事は終了です。

「NFTアートってやっぱり作るの難しそう・・・」って感じる方もいると思いますが、最初はみんな同じ

むしろ、NFTについて調べて、ここまで読んだだけでも一歩リードです。

まずは粗削りでもやってみて、少しずつ改善しくことが大事かと。

イブ
イブ

大抵の人がやらないので、今の内に始めて先行者利益をゲットしましょう。

>>NFT作品の作り方をもう一度確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました