NFTって何?なぜ売れる?初心者にも分かりやすく解説

nft

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

NFTって何?なんで売れているの?
すごさがイマイチわからない。

とお考えではないでしょうか。

僕も最初はそう思っていました。
「なんでこの画像が数億円もするの?コピペされたら意味ないじゃん」と。

でも実際はそんなことありません。

今回はそんな疑問を解消する為、NFTとは何なのか初心者にもわかりやすく解説します。
(なるべく専門用語はナシ)

高額取引の事例もあわせて紹介しますので是非ご覧ください。

この記事で分かること

・NFTって何?
・NFTはなぜ売れるのか
・NFTの始め方

【コインチェックを使っている人はかなり

コインチェックにはイーサリアムやリップルの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円もとられます。)

その為、取引所のあるビットフライヤー を使うのがおすすめ。

日本円に換える際も損してしまうので、事前に登録しておきましょう。

※審査に時間がかかる場合もあるので、先に申請だけしておくとスムーズです。

NFTって何?

NFTは「Non Fungible Token」の略でして、訳すと非代替性トークンという意味です。

イブ
イブ

非代替性は替えがきかない、ということですね。

仮想通貨の基盤となっているブロックチェーン技術を用いることで、写真やイラスト等に「唯一無二の価値」を付け加えたのがNFTです。

これだけでは、「だから何なの?」って感じだと思うので、例を出して解説していきます。

例えば、下記をご覧ください。

これは僕が購入した「adidas original」のNFTです。(40万円弱)

イブ
イブ

なんでNFTが高値で売れるの?ってところは、のちほど紹介しますね。

このNFTは、ブロックチェーン上にて僕の財布内にあることが記録されているので、誰かに盗まれたり複製されたりすることはありません。(ハッキングとかされない限り)

スクショしたらどうなる?

「え、でもスクショしたり、右クリックでコピーできるけど・・・」と考える人も多いと思います。

イブ
イブ

僕も最初そういう疑問を抱いていました。

仮にこのNFTがスクショされたりしたとして、そのスクショによって冒頭でお話しした「唯一無二の証明」ができるでしょうか。

答えは、「できない」です。

イブ
イブ

「このNFTを持っている」とウソをつくことはできますが、所有している事は証明できないですよね。

一方で、僕の場合はブロックチェーン上で記録されているので、証明することができます。

下記の公開ウォレットにこのNFTを入れているので見てみてください。
⇒ibuの公開ウォレット

開いて、下にスクロールするとこんな感じ↓で表示されます。

NFTの技術を利用することで、このように写真やイラストといったデジタルデータに対して、「唯一無二の証明」を付け加えることができます。

イブ
イブ

NFTはアートだけじゃなく、音楽や動画、ゲーム内のキャラクター等、様々な種類がありますよ。

NFTはなぜ売れるのか?

NFTはなぜ売れるのか、NFTによって理由は様々あり、1つではありません。

まだまだ発展途上の市場なので、多くのアーティストや企業が付加価値をつけるために戦略を練っている段階です。

ここでは、NFTが売れる理由として3つ抜粋しました。

NFTにはどんな価値があるか
  • ①アートとしての価値、希少性
  • ②ゲーム内での価値
  • ③コミュニティへの参加権利としての価値

さっそく、順にみていきましょう。

①アートとしての価値、希少性

まず1つ目は、アートとしての価値と希少性です。
NFTが購入される理由として、これが最もポピュラーですね。

NFT技術が登場するまで、ネット上の写真やイラストは「唯一無二の証明」ができませんでした。

ですが記事前半で説明した通り、今では「俺はこのNFTアート(画像とか)を所有している」ということを証明できます。

下記は、イケハヤさんが「Crypto Punks」というNFTを購入した内容のツイート。

Crypto Punksは、一見誰でも作れそうなドット絵ですが、2017年に作成されたNFTコレクションであり、最古のNFTと呼ばれています。

その背景から収集家によって、このような数千万円を超える高値で取引されています。

このように、ネット上のデータに「唯一無二であること」が付け加えられることによって、希少価値が生まれ、アートにも値段がつけられるようになりました。

イブ
イブ

今までは、デジタルデータを誰かが所有する、独占するという機能がなかったということですね。

②ゲーム内での価値

NFTはゲーム内のアイテムとして機能することもあります。

例えば下記↓は「Axie Infinity」というゲーム内のキャラクターですが、NFTです。

それぞれに個体値があり、パーティを組んで戦わせることで、お金を稼ぐことができます。

ゲーム内での使用を続けることもできるし、見切りをつけて売却することも可能。

イブ
イブ

NFT技術の登場によって、ゲーム内でつぎ込んだものを簡単に売買できるようになっています。

③コミュニティへの参加権利としての価値

3つ目の例として、コミュニティへの参加権利としてもNFTを利用できます。

例えば、下記はジャスティンビーバーがBAYCという高額NFTを購入したというツイート。

BAYCは希少価値も含んだ上で高額ではありますが、所有者だけが入れるDiscordもあり、それ目当てで購入する人もいます。

お金持ちのセレブはそのコミュニティに価値を見出して、お金を使います。

イブ
イブ

このようにNFTの価値、売れる理由は様々です。

NFTの始め方

ここでは、NFTの始め方について解説します。

NFTの始め方としては、下記5STEP。

OpenSeaを始める5STEP
  • ①国内取引所の口座を作成
  • ②国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入
  • ③仮想通貨ウォレット(MetaMask)を作成 ※②③は順不同
  • ④仮想通貨ウォレット(MetaMask)にETH(イーサリアム)を送金
  • ⑤仮想通貨ウォレット(MetaMask)をOpenSeaに接続

上記ステップの詳しい内容についてはコチラの記事で解説しています。ぜひどうぞ。
→OpenSeaの始め方・使い方

またNFT関連の用語に詳しくない方は、こちらの記事が参考になるのでどうぞ。

最後に

以上で本記事は終了です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

NFT業界はまだまだ発展途上中です。

今のうちに参入して先行者利益をゲットしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました