【保存版】DeFiのやり方・始め方を初心者にも分かりやすく解説

DeFiの始め方

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

DeFiって稼げるらしいけど、どうやるの?

とお考えではないでしょうか。

DeFiは年利が数十%を超えるものも多く、今の内にスタートして資産を増やしたい、不労所得を得たい、と考えている方も多いはず。

イブ
イブ

実際に僕は年利60%前後で運用しています。

今回はそんな方に向けて、DeFiのやり方・始め方を分かりやすく解説します。
(スマホでのやり方も紹介)

あわせて、リスク/注意点や運用実績についても紹介しますので是非ご覧ください。

この記事で分かること

・DeFiとは
・DeFiのやり方・始め方
・DeFiのリスク、注意点
・よくある質問

【コインチェックを使っている人はかなり

仮想通貨を扱う上で、コインチェックを使うのはもったいないです。

なぜなら、コインチェックにはイーサリアムやリップルの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円もとられます。)

その為、取引所のあるビットフライヤー を使うのがおすすめ。

日本円に換える際も損してしまうので、事前に登録しておきましょう。

※審査に時間がかかる場合もあるので、先に申請だけしておくとスムーズです。

DeFiとは

DeFi

DeFiのやり方を説明する前に、DeFiとは何なのか、簡単に説明しておきたいと思います。

DeFiは「Decentralized Finance」の略でして、日本語では分散型金融です。

イブ
イブ

分散型金融とか言われてもいまいち分かんない・・・

簡単に言い換えるなら、DeFiは管理者を必要としない金融機関です。

管理者が必要なくなるとどうなるの?

管理者がいないことで、低コストかつハイスピードな環境で取引を行うことができます。

管理者がいる金融機関としては、普段利用している銀行が当てはまりますが、銀行だと多くの人が働いており人件費もかかりますよね。

そして、入出金にはある程度時間がかかります。

一方で、DeFiでは管理者がいないし、取引も即時完了します。

イブ
イブ

PCやスマホがあればどこからでも利用できるのも良い点ですね。

なぜ管理者が必要ないか?

DeFiは、あらかじめ決められたプログラムに沿って動いている為、取引は自動で行われます。
(これをスマートコントラクトと言う。)

でもこれで管理者がいないと、プログラムを書き換えられたりしないか不安ですよね。

その点を補うため、DeFiでは仮想通貨の基盤となっている「ブロックチェーン」という技術を用いて作られており、改ざんや複製ができません

これにより、管理者を無くした「未来の金融」として、DeFiは注目を集めています。

イブ
イブ

DeFiのイメージが沸いたでしょうか?
今の段階では「なんとなく」でOKです。触りながら理解を深めていきましょう。

DeFiで稼ぐ方法

DeFiで稼ぐ方法として、基本的には下記の2つです。

DeFiで稼ぐ方法
  • ①流動性の供給(イールドファーミング)
  • ②ステーキング

DeFiで稼ぐ方法①流動性の供給(イールドファーミング)

DeFiで稼ぐ方法の一つとして、「流動性の供給」があります。(イールドファーミングとも呼ばれる。)

2種類の通貨をペアとし、流動性を提供することで、報酬を得ることができます。

イブ
イブ

なんじゃそりゃ?って感じだと思うので深堀していきます。

DeFi上では通貨を交換(スワップ)することもでき、交換する人は一定の手数料を支払っています。

その取引手数料の一部が通貨を預けた人(流動性提供者)への報酬となっています。

イメージ図にするとこんな感じです↓。

年利はどれくらい?

預ける通貨ペアによっては、年率が100%以上にのぼる物もあります。

価格変動の大きい通貨の年利が高かったりするので、通貨ペアは慎重に選びましょう。

参考に下記はPancakeSwapというDeFiで取扱っている通貨ペアです。(キャプチャ時の人気上位4ペア)

farming
イブ
イブ

1番人気のCAKE-BNBペアで年率47.26%です。
なかには4332倍なんてのもありますね。。

DeFiで稼ぐ方法②ステーキング

DeFiで稼ぐ方法として、2つ目に紹介するのは「ステーキング」です。

ステーキングとは、特定の暗号資産を保有しブロックチェーンネットワークに参加することで報酬を得ることができる仕組みです。

イブ
イブ

ネットワークに参加する、といっても多くの場合は、通貨を預けるだけでOK。

例えば、CAKEという通貨を保有している方であれば、ステーキングで報酬をもらいつつ、長期的にCAKEの値上がりを待つ。なんてことが可能です。

年利はどれくらい?

下記はPancakeSwapのステーキング商品を抜粋した画像です。

21/1/4時点で年利67%となっており、50万円分ステーキングすると1年で30~35万円のステーキング報酬が得られる計算です。

イブ
イブ

もちろん、通貨自体の価格が変動すると、利益or損失が発生する可能性があります。

DeFiのやり方・始め方

defi

DeFiのやり方・始め方を解説するにあたり、今回はPancakeSwap(パンケーキスワップ)を例として取り扱います。

他のDeFiのほうが良かったりしない?という考えがよぎる方もいると思いますので、PancakeSwap(パンケーキスワップ)を例とする理由をまとめてみました。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を例とする理由
  • ①DeFiランキング 1位 (DeBankのDeFi ranking 参照 11/17時点)
  • ②ガス代(手数料)が安い
  • ③言語設定に日本語がある

始め方を早く知りたい方はこちら。
→結論:PancakeSwapで始めよう

それぞれ順にみていきましょう。

理由①DeFiランキング 1位

PancakeSwapはDeFiランキングで1位です。 (DeBankのDeFi ranking 参照 11/17時点)

このことから、大手DeFiでありユーザーも多く、ある程度の信頼性は担保できると思います。

利用者が多いと、それだけお金の流れもあるということになりますね。

理由②ガス代(手数料)が安い

ガス代(手数料)が数十円と安く、これがけっこう大きいです。

今の時点では「ガス代」といわれてもピンとこないと思いますが、DeFiを始めると支払う機会は意外と多いです。

なので、小額で始めやすいというメリットもあります。

他のイーサリアムチェーンのDeFiだとガス代で数千円します。

イブ
イブ

あーやっぱりもうちょっとステーキングしとけば・・・となってガス代が発生したりしますからね。

理由③言語設定に日本語がある

これは正直おまけレベルですが、PancakeSwap(パンケーキスワップ)は日本語対応です。

触りだすと何とも思わないですが、最初の内は理解も早まるので重宝するかと。

イブ
イブ

意図せぬ操作をして損失をだす可能性も低減できます。

結論:PancakeSwapで始めよう

上記理由から、DeFiであるPancakeSwapについてやり方・始め方を解説していきます。

始めるまでの手順を大きく分けると、全部で8ステップ

PancakeSwapの始め方 8STEP
  • ①国内取引所の口座開設
  • ②Binanceの口座開設
  • ③国内取引所からBinanceへ仮想通貨を送金
  • ④BinanceでBNBに換金
  • ⑤MetaMaskのインストール、アカウント登録
  • ⑥MetaMaskのネットワーク設定
  • ⑦BinanceからMetaMaskへ送金
  • ⑧PancakeSwapとMetaMaskを接続
イブ
イブ

え、けっこう多いな・・・と思うかもしれませんが、意外と早く終わりますよ。

資金の動きとして、全体の流れをイメージ図にしてみました。

国内取引所からBinance(バイナンス)を経由してMetaMask(メタマスク)というウォレットに資金を移し、PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用します。

始め方の詳しい手順は別記事にまとめたので、こちら↓の記事からどうぞ。

【完全版】PancakeSwapのやり方・始め方

かなり詳しく書いたので、この記事を読めば初めての方でもDeFiを始められるはず

イブ
イブ

万が一不明点があればTwitterのDMか記事にコメントしてください!

補足①:DeFiをスマホで始めたい

PCをあまり触らないので、スマホでDeFiを始めたい、という人もいるかと思います。

そんな方はこちらの記事をどうぞ。
⇒スマホやアプリでPancakeSwapができる!始め方を解説

イブ
イブ

スマホではDeFiをできない、と言っている人もいますがそんなことはありません。実際に僕はスマホでやっているので。

補足②:イーサリアムチェーンでDeFiを始めたい

初心者には不向きですが、どうしてもイーサリアムチェーンでDeFiを始めたい人もいるかと。

そんな方はこちらの記事をどうぞ。
【簡単】DeFiでイーサリアムを運用する方法

上記記事ではイーサリアムチェーンのDeFiをまとめています。

イブ
イブ

イーサリアムチェーンだと、ガス代で毎回数千円とられるので、最初はPancakeSwapがおすすめです。

DeFiのリスク、注意点

defi

こちらでは、DeFiのリスク、注意点についてまとめました。

DeFiのリスク・注意点
  • ①通貨自体の価格が下落するリスク
  • ②ハッキングによる資金流出のリスク

①通貨自体の価格が下落するリスク

DeFiで利益を生むには、特定の通貨を預けて報酬を受け取ることになりますが、もちろんその通貨自体の価格が変動するリスクがあります。

利息として報酬を得ていたとしても、通貨自体が大幅に値下がりするとトータルで損失を生む事になるかもしれません。

イブ
イブ

逆に通貨の価格があがれば、その分プラスになります。価格が安定している通貨ほどリスクが小さいと言えますね。

②ハッキングによる資金流出のリスク

暗号資産取引所もそうですが、DeFiはまだまだ発展途上である為、ハッキングの被害も少なからずあります。

ハッカーによって取引所が攻撃され、プールしていた資金が流出した、というニュースもたまに聞きますね。

投資する側が予知して完全に防ぐのは難しいですが、こういったリスクを認識しておくことは重要です。

イブ
イブ

最悪無くなっても良い、と思える資産で運用し、マイナーな取引所は避けるのが賢明ですね。

よくある質問

ここでは、DeFiを始めるにあたりよくある質問をまとめました。

よくある質問
  • ①スマホでDeFiを始められないか?
  • ②DeFiはPancakeSwapだけ?
  • ③DeFiでどれくらい稼げる?

早速それぞれみていきましょう。

①スマホでDeFiを始められないか?

スマホでもDeFiを始めることができます。

下記はDeFiに関する僕のツイートですが、画像はスマホのスクリーンショットです。

ただし、注意点としてPancakeSwapのアプリは存在しません。

仮想通貨ウォレットのアプリを経由して利用することになります。

スマホでのやり方はこちらの記事で解説しているのでどうぞ。
⇒スマホやアプリでPancakeSwapを始める方法

イブ
イブ

PancakeSwapのアプリがあれば、偽物なので注意してください。

②DeFiはPancakeSwapだけ?

DeFiはPancakeSwapに限らず、たくさんあります。

有名なDeFiとしては、Compound/Uniswap/Curveがありますが、どれもガス代が数千円するので、小額で始めたい方にはおすすめできません。

それぞれの特徴はこちらの記事で解説しているので、興味がある方はどうぞ。
【簡単】DeFiでイーサリアムを運用する方法

イブ
イブ

数千万円規模で運用していて、数千円のガス代なんてささいなもの・・という方であれば良いかもしれませんね。

③DeFiでどれくらい稼げる?

DeFiでどれくらい稼げるかは、選択する商品(通貨ペア)によって異なります。

例えば、下記画像の一番上にある「CAKE-BNB」ペアだと、年率が47.26%なので50万円あずけておくと1年で23万円ほど増える計算です。

イブ
イブ

もらえた利息をさらに預けて運用すれば、実際はもう少し増えます。(複利)

僕のDeFi運用実績については、下記記事で公開しているので良ければ参考にどうぞ。

最後に

以上で本記事は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

DeFiの世界は魅力的ですが、案外踏み込めない人も多いはず。

まずは少額から始めつつ、勉強しながら資産運用することをおすすめします。

PCで始めるならこちら。
【完全版】PancakeSwapのやり方・始め方

スマホで始めたい方はこちら。
⇒スマホやアプリでPancakeSwapを始める方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました