MetaMask(メタマスク)の作り方【画像付きで詳しく解説】

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

MetaMask(メタマスク)を作りたい。

MetaMask(メタマスク)の作り方を知りたい。

とお考えではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、MetaMask(メタマスク)の作り方を画像付きで詳しく解説します。

あわせて、MetaMask(メタマスク)を利用してできることも紹介しますので是非ご覧ください。

この記事で分かること

・MetaMask(メタマスク)とは
・MetaMask(メタマスク)の作り方
・MetaMask(メタマスク)を使ってできること

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨ウォレットの1つです。

ウォレット内で仮想通貨を保有し、DeFi等のアプリケーションと接続して取引を行うことができます。

イブ
イブ

自身で管理する仮想通貨の財布だと思ってもらえればOK。

仮想通貨ウォレットはMetaMask(メタマスク)に限らずあらゆるものがありますが、最も有名で多くのユーザーが利用しているのはMetaMask(メタマスク)です。

サイトによっては、MetaMask(メタマスク)との互換性のみ検証しており、MetaMask(メタマスク)の利用を推奨しているところもあるので、最初はMetaMask(メタマスク)を作っておくのが無難ですね。

MetaMask(メタマスク)の作り方

metamask

いよいよMetaMask(メタマスク)の作り方を画像付きで解説していきます。

iphone(スマホ)での作り方を知りたい方はこちらをどうぞ。
→iphoneでMetaMask(メタマスク)を使う方法【分かりやすく解説】

MetaMask(メタマスク)の公式サイトに飛び、ダウンロードを行います。
メタマスク公式サイト

ダウンロード時の注意点

使用するブラウザはGoogleChrome,Firefox,Brave,Edgeのいずれかにしましょう。
スマホの場合は、iOS,Androidのどちらも対応可能。

上記リンクへ飛ぶと下記画面になりますので、「Download now」をクリック。

下記画面になるので、「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

次の画面で「Chromeに追加」をクリックし拡張機能を追加します。

以上でMetaMask(メタマスク)のインストールは完了です。

続いて、インストールしたMetaMask(メタマスク)の指示に従って、ウォレットを作成していきます。
インストールが完了すると、下記画面になるので「開始」をクリック。

こちらの画面になるので右側にある「ウォレットの作成」をクリック。

MetaMaskの品質向上へのご協力のお願いというのが出るので、内容を確認し「同意します」をクリック。

すると、パスワード入力画面になるので、設定したいパスワードを入力します。
使用条件を読みチェックをいれ、「作成」をクリック。

すると、ウォレットの保護という画面に動画がでてきます。
この動画は、次にでてくるリカバリーフレーズとウォレットを安全に保つ方法についての解説動画です。

「次へ」をクリック。

下記画面の南京錠が描かれている所をクリックし、シークレットリカバリーフレーズをメモします。

このフレーズは非常に重要なので、絶対に無くさないように保管してください。

イブ
イブ

筆者イブもウォレットが急に消えてめちゃくちゃ焦ったことがありますが、このフレーズのおかげで復元できました。

次の画面では、先ほどのフレーズを控えているか試されます。正しく入力し「確認」をクリック。

下記画面になればウォレットの作成は完了です。

イブ
イブ

お疲れさまでした!

MetaMask(メタマスク)を使ってできることを紹介

ここでは、MetaMask(メタマスク)を作成してできることを紹介します。

大きく分けて以下の2つ。

MetaMask(メタマスク)を使ってできること
  • DeFiで仮想通貨の運用
  • OpenSeaでNFTアートの売買、出品

DeFiとNFTですね。名前を聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

早速それぞれについて紹介していきます。

DeFiで仮想通貨の運用

MetaMask(メタマスク)があれば、DeFiで仮想通貨を運用することができます。

DeFiでは、年利数%~数十%のものもあり、仮想通貨を保有しながら利益を期待できる運用方法として注目を集めています。

怪しいと思えるかもしれませんが、世界中の人々が利用しており、預けられている資産は数十兆円以上です。

イブ
イブ

日本ではまだあんまり浸透していませんけどね・・・

詳しくはこちらの記事にまとめましたので、よければどうぞ。
【稼げる?】DeFiのやり方・始め方を初心者にも分かりやすく解説

イーサリアムをDeFiで運用したい場合はこちら。
DeFiでイーサリアムを運用するならここ!やり方も解説【ガチホは損?】

OpenSeaでNFTアートの売買、出品

MetaMask(メタマスク)があれば、NFTマーケットであるOpenSeaにて、NFTを作成して出品したり、売買することができます

直近では、インドネシアの青年が長年撮りためた自撮り写真をNFT化し、1.2億円を売り上げた話がありました。

上記のように、NFT市場にはどんどん資金が流れ込んでおり、このような話も珍しくありません。

イブ
イブ

お金ってあるところにはあるんですね・・・

NFTに興味がある方はこちらの記事をさんこうにどうぞ。
→OpenSeaの始め方を5STEPで解説【画像付】

最後に

以上で本記事は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

MetaMask(メタマスク)を作ったら、せっかくなのでDeFiやNFTも少し触ってみてください。実際に触ってみるのが手っ取り早いと思いますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました