iphoneでMetaMask(メタマスク)を使う方法【分かりやすく解説】

ens

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある投資家
とある投資家

iphone(スマホ)でMetaMaskを使いたいけど、やり方がいまいちわからない。

とお考えではないでしょうか。
MetaMask(メタマスク)をiphone(スマホ)で見られれば、いちいちPCを開かなくて良いし、便利ですよね。

今回はそんな方に向けてiphone(スマホ)でMetaMask(メタマスク)を使う方法を解説したいと思います。

初めての方でもわかるように画像付きで解説しますので是非ご覧ください。

この記事で分かること

・MetaMask(メタマスク)とは

・MetaMask(メタマスク)をiphone(スマホ)で使う方法

・MetaMask(メタマスク)からトークンが消えた場合の対処法

MetaMask(メタマスク)とは

metamask

ここでは、MetaMask(メタマスク)とは何か、ざっくり説明しておきます。

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム系の仮想通貨ウォレットの一つです。

ブロックチェーン上に存在する財布みたいなものでして、トークンの保管だけでなくNFTの保管も行うことができます。

また、DEXのPancakeSwap(パンケーキスワップ)や、ブロックチェーンゲームのAxie Infinity、NFTマーケットのOpenSea等、様々なサービスと接続することができ、利用者も非常に多いです。

イブ
イブ

上記で紹介したようなサービスとMetaMask(メタマスク)を接続し、決済を行うことができるよ。

MetaMask(メタマスク)をiphone(スマホ)で使う方法

さっそく、MetaMask(メタマスク)をiphone(スマホ)で使う方法を紹介していきます。
※画像はiOSの物を使用しますが、流れは同じなのでandroidの方でも参考になると思います。

アプリストアで「メタマスク」と検索しダウンロードします。↓

metamask

ダウンロードしたMetaMask(メタマスク)を開いて進んでいくと、ウォレットのセットアップという画面がでてきます。

既にPCでMetaMask(メタマスク)を作成している方は、「シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする」もしくは「MetaMask拡張機能との同期」に進むことでスマホ(アプリ)から接続することができます。

初めて作成する方は、一番下の「新しいウォレットの作成」をクリックしてください。

ここからは、それぞれに分けて見ていきます。自身の選んだ選択肢まで飛ばして頂ければと思います。

シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする の場合

PCにてMetaMask(メタマスク)を作成した際に控えている、シークレットリカバリーフレーズを入力し、新しいパスワードを入力してください。パソコンで設定したパスワードと同じでOKです。

あとは「インポート」をクリックすれば完了。

注意点:スペースが必要

シークレットリカバリーフレーズは1単語ずつスペースが必要です。筆者は全然できなくて最初めっちゃ焦りました。

MetaMask拡張機能との同期 の場合

PC版でMetaMask(メタマスク)を開き、右上のアイコンから「設定」>「詳細」を開きます。

すると「モバイルとの同期」とでてきますのでこちらから進んでください。

あとはでてきたQRコードをスマホアプリで読み込めば完了です。

注意点:一時的にできない場合がある

一時的に「モバイルとの同期」ができない場合があるようです。

その場合はシークレットフレーズを利用してインポートするしかないのでご注意ください。

新しいウォレットの作成 の場合

新しいウォレットの作成をクリックするとパスワードの設定を要求されます。

パスワードを設定し進むと「ウォレットの保護」という画面が表示されます。

動画ではMetaMask(メタマスク)や、次にでてくるシークレットリカバリーフレーズの重要性を説明しています。動画を確認し「開始」をクリック。

再度シークレットリカバリーフレーズの重要性について記載がありますので、確認して「開始」をクリック。

次のページでは、シークレットリカバリーフレーズが記載されています。
中央の「表示」をクリックして内容を保管しましょう。このフレーズは非常に重要なので絶対に無くしたり誰かに知られないようにしてください。資金のロストに繋がります。

次のページで先ほど控えたシークレットリカバリーフレーズを入力すれば完了です。

イブ
イブ

これでMetaMask(メタマスク)をiphone(スマホ)で使うことができます。意外と簡単。

MetaMask(メタマスク)からトークンが消えた場合の対処法

token

PC版でMetaMask(メタマスク)を使用していた場合、iphone(スマホ)でアプリを開くとトークンが表示されず、失ったと錯覚してしまう場合があります。

この場合、実は表示されていないだけ、という可能性がありますので、MetaMask(メタマスク)にトークンを追加すれば解決します。

トークンを追加する方法

今回は例として、BSCチェーンの「CAKE」をMetaMask(メタマスク)に追加していきたいと思います。※他のトークンも同様の手順で追加可能

まず、MetaMask(メタマスク)を開くと画面下部に「トークンの追加」というのがあるのでそこをクリック。

すると、下記画像のようにトークンアドレス、トークンシンボル、トークン桁数の入力を求められます。

これらは各トークン固有のものなのですぐに調べることができます。

イブ
イブ

早速確認していきましょう。

今回追加しようとしようとしているCAKEはBSC上のトークンなので、 BscScanを利用します。

イーサリアム系のトークンを追加しようとしている場合は、Etherscanを使って調べてください。

BscScanを開くと上部に検索欄がありますので、CAKEと入力。


すると下記のように候補としてPancakeSwap Token(cake)と表示されるのでこれをクリック。

開いたページを下にスクロールしていくと、「Profile Summary」という欄があるので、その中の「Contract」にあるアドレスをコピーします。

コピーしたアドレスをMetaMask(メタマスク)のトークンアドレスに入力します。

するとアドレスが間違っていなければトークンシンボルとトークン桁数が自動で入力されるので「トークンの追加」をタップ。

下記のようにウォレット画面にCAKEが表示されれば成功です。

最後に

以上で本記事は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました