【実例アリ】NFTとして売れるもの5選【なぜ売れるのか?】

NFTとして売れるもの

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

NFTで売れるものって何がある?
そもそもなぜNFTが売れるのか知りたい。

とお考えではないでしょうか。

NFTは「アート以外にも売れる。何でも売れる。」という話を聞きますが、実際何が売れるのかイマイチ分からないですよね。

そこで今回はNFT売買を数百回以上繰り返している筆者が、
NFTとして売れるものを実例を交えて紹介します。

そもそもなぜNFTが売れるのか?という点も解説するので是非ご覧ください。

イブ
イブ

この記事を読めば、「自分もこれだったらNFTとして売れそう」というのが見つかるはず!

この記事で分かること

・NFTとして売れるもの/販売できるもの
・NFTはなぜ売れるのか
・何が売れてる?今売れているNFTを紹介
・NFTの始め方、作り方

【コインチェックを使っている人はしている

NFT売買をするならコインチェックは不向きです。

なぜなら、コインチェックにはイーサリアムの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円も損。)

そのため、取引所のあるビットフライヤー を使いましょう。

日本円に換金するときも損してしまいます。

早ければ、申請5分/審査30分ほどで開設できます。事前に作っておきましょう。

NFTとして売れるもの/販売できるもの

NFTとして売れるもの

NFTとして売れるもの販売できるものをまとめると下記の通りです。

NFTとして売れるもの/販売できるもの

デジタルデータであれば、ほとんどがNFTにして販売可能です。

イブ
イブ

それぞれについて、実例付きで紹介していきますね!

動画で学びたい方はこちらが参考になります↓

①写真

1つ目に紹介するNFTとして売れるものは、「写真」です。

これは多くの人がイメージしやすいのではないでしょうか。

世界最大手のNFTマーケット「OpenSea」を覗いてみると、写真のNFTコレクションがたくさん展開されています。

OpenSeaの写真カテゴリはこちら

こちらの「NYC Underground Stories」というコレクションは、1枚25万円以上しますね。

イブ
イブ

もともと写真家として活動していた人が、NFTにしている事例も見受けられます。

写真のNFTが売れた実例:ゴザリ氏の自撮り

引用元:https://opensea.io/collection/ghozali-everyday

写真のNFTが売れた実例としてトップクラスに有名なのは、「Ghozali Everyday」です。

これはインドネシアの大学生であったゴザリ氏が、5年間撮りためた自撮りのNFTコレクション売上は1億円越え

NFT市場の可能性を思い知らされる事例です。

イブ
イブ

上記は、Twitterフォロワー200万人を超える著名人がNFTを購入したことがきっかけで、世界的にブームになりました。

②イラスト

続いて紹介するのは「イラスト」です。

こちらも多くのNFTコレクションが存在し、個人クリエイターの方も多いです。

NFTを購入する側からしても利用用途が多く、売れているジャンルでもあります。

イラストのNFTマーケットはこちらから覗いてみてください。
OpenSea│イラスト

引用元:https://opensea.io/category/collectibles

イラストのNFTでは、下記のようにTwitterのプロフィール画像にできるものも人気です。

イブ
イブ

プロフィール用に作られたコレクションは、PFPとも言われますね。

イラストのNFTが売れた実例:おにぎりまん氏

日本の個人クリエイターだと、「おにぎりまん」さんが有名です。

引用元:https://opensea.io/collection/untitled-collection-22306961

おにぎりまんさんが展開する上記のNFTコレクションは総取引量300ETHをこえており、今の時価換算で6000万円越えています。

イブ
イブ

個人クリエイターとは思えないですね。。

③音楽

https://opensea.io/category/music

音楽」もNFTとして売ることができます。

先ほど紹介した写真やイラストに比べると、需要は少ないですが徐々に波は高まりつつあります。

下記のように、海外アーティストが進出している事例も。

イブ
イブ

NFTで好きなアーティストの楽曲を「保有できる」なら、熱烈なファンは買ってしまいそうですね。(特典が付いているものも多い)

音楽のNFTが売れた実例:ミック・ジャガー氏

世界的有名バンド、「ローリング・ストーンズ」のミックジャガー氏も音楽NFTを出品しています。

このNFTは1点もので、最終的には5万ドル(約550万円)で落札されました。

イブ
イブ

1品だけで、550万円の値がつくとは驚異的ですね!

④ゲームアイテム

ブロックチェーンゲームのアイテムもNFTとして売買が可能です。

※ブロックチェーンは、仮想通貨の基盤となる技術。この技術を用いたゲーム内ではアイテムをNFTとして売買し、お金を稼ぐことが可能です。

下記は、爆発的な人気を誇った「Axie Infinity」のNFTです。

ゲーム内で育てた上記のキャラを売って何百万と稼いだ人もいます。

※NFTを用いたゲームで稼ぐことに興味がある方は、こちらの記事を参考にどうぞ。

⇒NFTゲームがスマホアプリでできる!おすすめを3選紹介

イブ
イブ

NFTゲームで何千万と稼ぐ人もいるので、チャレンジしてみる価値はあるかと!

ゲームアイテムのNFTが売れた実例:STEPN

STEPNは、ピーク時からは人気が落ちましたが、今もなお多くのユーザーがプレイしています。

アプリ内では上記のようなスニーカー(NFT)が流通しており、この転売だけで何百万と稼ぐ人も。

※NFT転売について興味がある方は、「【最新】NFT転売のやり方・始め方」を参考にどうぞ。

イブ
イブ

STEPNは僕も継続的にプレイしており、今もなお人気のあるNFTアプリですね。現在は初期費用も下がってきているので、迷っていた方も参加しやすいかと。

⑤メタバースの土地

最後に紹介する、NFTとして売れるものは「メタバースの土地」です。

The SandboxやDecentralandなど、有名なメタバースプラットフォームの土地は、NFTとして売買することが可能です。

メタバースの土地を保有していると、

・土地を貸し出して利益を得る
・土地でイベントなどを開いて稼ぐ
・土地の売却益で稼ぐ

事ができます。

イブ
イブ

現実の不動産のように、保有していても税金がかからないので安心です。

メタバースの土地を購入する方法はこちら
【簡単】メタバースの土地を購入する方法

NFTはなぜ売れるのか?買ってどうする?

NFTはなぜ売れる?

NFTとして売れるものをいくつか紹介しましたが、

・なぜこのNFTが高値で売れるのか?
・そのNFTを買ってどうするの?

と疑問に思いますよね。

理由は様々ですが、多くの場合「付加価値」があるから売れます。

NFTに備わる付加価値の例

この付加価値もNFTによって異なるので、いくつか例を出してみます。

【NFTに備わる付加価値の例】

・コミュニティへの参加券
・ゲームの優先プレイ
・限定アイテムがもらえる権利

などなど。

より具体的な例をだすと、「NFTを持っていればジャニーズの限定ライブに参加できる」とかだとファンの方は買いますよね。

他にもアイデア次第では無限です。

イブ
イブ

アートとしての魅力以外にも売れる理由があるということですね。

逆に売れないNFTはどんなの?と言う方はこちらをどうぞ。↓
【NG】NFTアートが売れない理由5つ

何が売れてる?今売れているNFTを紹介

何が売れてる?今売れているNFT

記事前半では、「NFTとして売れるもの」を紹介しました。

ここではその中でも「今どんなNFTが売れてるのか?」を解説します。

結論からいうと今売れてるのは、

pfp系のNFTアート

です。

※pfpはSNS等のプロフィール画像に使えるNFTのこと(profile for pictureの略)

例えば、下記はインフルエンサーである「マナブ」さんのTwitterですが、高級NFTである「Cryoto Punks」をプロフィール画像にしてます。

引用元:https://twitter.com/manabubannai

このようにNFTをプロフィール画像にすることで、

・NFTへの専門性をアピール
・コミュニティとのつながりの獲得
・高価なNFTの保有をアピール
・好みのNFTをプロフにする満足感

などなど、各ユーザーにとって様々なメリットが得られ、欲求を満たすこともできます。

このような背景から、Crypto Punksのような高級NFTから個人クリエイターさんが作ったNFTまで、幅広いpfpが売れています。

NFTの始め方・作り方

NFTアートの始め方・作り方

NFTの始める、作るには最大のNFTマーケットであるOpenSeaを利用しましょう。

その手順は大きく分けると下記の通り。

OpenSeaを始める5STEP
  • ①国内取引所の口座を作成 ※注意点アリ
  • ②国内取引所にてETHを購入
  • ③仮想通貨ウォレットを作成
  • ④仮想通貨ウォレットにETHを送金
  • ⑤仮想通貨ウォレットをOpenSeaに接続

ややこしそうに見えますが、手順通りにやると意外と簡単です。

詳しくはこちらの記事で解説しているのでどうぞ。
>>OpenSeaの始め方・使い方

※NFT作品の作り方に関しては、こちらの記事からどうぞ。
>>NFT作品の作り方【便利なアプリも紹介】

まとめ:NFTとして売れるものは多種多様

以上で本記事は終了です。

記事の内容をまとめると、NFTとして売れるものは下記の通り。

NFTとして売れるもの/販売できるもの

NFTを作って売るにしても、転売で稼ぐにしても、

まずは触ってみてNFTを体感してみるのが一番です。

イブ
イブ

ここまで学んだだけでもNFTの知識はほとんどの人より多いはず。
あとは実際にやってみるだけ!

関連記事もどうぞ!↓

【NG】NFTアートが売れない理由5つ【売れた事例から学ぶ】
NFTアートが売れない。どうすれば売れる?売れた事例も知りたい。とお考えではないでしょうか。今回は、NFTの売買を数100回以上繰り返してきた筆者が、NFTアートが売れない理由を解説します。売れた成功事例も交えて紹介するので是非ご覧ください。
【実例公開】NFT転売とは?やり方や仕組みも解説します
NFTを転売したら稼げそう、実際どうなの?儲かるならやり方も知りたい。とお考えではないでしょうか。本記事では、NFT転売のやり方・始め方を初心者の方にも分かりやすく解説します。あわせて、NFT転売の実例から利益を出すためのヒントも紹介しますので是非ご覧ください。
【完全版】OpenSeaの始め方・使い方【スマホでもできる】
「OpenSea」でNFTの出品や売買をしてみたい。でも始め方や使い方がいまいちわかりにくい。とお考えではないでしょうか。本記事では、OpenSeaの始め方に加えて、NFTの作り方から出品/買い方/売却にいたるまで、超詳しく解説します。スマホでのやり方や初期費用についても紹介するので是非ご覧ください。
【簡単】NFTアートの作り方を解説!初期費用やおすすめアプリも紹介
話題のNFT作品、NFTアートを作ってみたい。作り方を知りたい。とお考えではないでしょうか。本記事では、NFTアートの作り方を分かりやすく解説します。NFTアート・デジタルアートの作成に便利なアプリも紹介しているので、ぜひご覧ください。この記事を読めば、あなたも簡単にNFTアートが作れるはず!

コメント

タイトルとURLをコピーしました