【最新】NFT転売のやり方・始め方【実例も公開します】

NFT転売のやり方・始め方

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

NFTを転売したら稼げそう。実際どうなの?
儲かるならやり方も知りたい。

とお考えではないでしょうか。

結論から言うと、NFT転売で稼ぐことは可能です。

イブ
イブ

僕の場合は、含み益を除いても50万円以上稼げていますね。

ということで今回は、NFT転売のやり方・始め方を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

あわせて、NFT転売の実例から利益を出すためのヒントも紹介しますので是非ご覧ください。

この記事で分かること

・NFT転売は儲かるか
・NFT転売の始め方
・NFT転売で利益を出すためのヒント
・NFT転売でかかる手数料
・注意点、知っておきたいこと

【コインチェックを使っている人はかなり

コインチェックにはイーサリアムやリップルの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円もとられます。)

その為、取引所のあるビットフライヤー を使うのがおすすめ。

日本円に換える際も損してしまうので、事前に登録しておきましょう。

※審査に時間がかかる場合もあるので、先に申請だけしておくとスムーズです。

【稼げます】NFT転売とは

【稼げます】NFT転売とは

冒頭でもお話しした通り、NFTを転売して利益を得ることは可能です。

単純に考えれば、NFTを安く買って高く売れば利益がでますよね。(当たり前ですが。)

ただそのやり方には、これをやれば100%儲かるみたいな正解はありません。

イブ
イブ

ローリスクで利益を狙う方法はあるので、記事後半で解説しますね。

しかし一方で、NFTの転売は比較的、利益を出すチャンスが多いと考えています。

ということで、その理由と実例を解説していきます。

※「はやくやり方を教えて」という方はこちら
 ⇒NFT転売のやり方・始め方

市場規模が大きい/発展中である

NFTは、日本においてはまだ「ちょっと広まってきた?」くらいですが、世界的にみると市場はどんどん加熱しており、資金の流入も大きいです。

下記は最大のNFTマーケットOpenSeaの「月間取引量」に関するツイート。

月間の取引量が4000億円近くになったという内容です。

メルカリの流通総額は半年間で3600億円ほどなので、これがいかに凄まじい数字か分かると思います。(メルカリの第2四半期決算参考)

イブ
イブ

いかにNFT市場が大きいかわかりますね。
メルカリは日本、OpenSeaは世界が市場です。

このようにNFT市場には大きな資金が流入しており、流通量が多い分、利益を得るチャンスも多いと考えられます。

NFTプロジェクトが乱立している

乱立というと少し誤解を招くかもですが、NFT関連のプロジェクトは日々増えています。

僕の場合、TwitterやDiscordをメインに情報収集をしていますが、2~3日目を離すと置いていかれるレベル。

イブ
イブ

全てのプロジェクトを見る必要はありませんが、それくらい多いということです。

プロジェクトが多いと、「早期に参入して利益を得る」チャンスが増えます。(初回販売時に価格が上昇するケースが多い。)

どれくらいプロジェクトが増えているのか、を数字で表すのはなかなか難しいので、Twitterで検索してみました。

このような「プロジェクトが多すぎて追いきれない」という声がけっこうあります。↓

NFT転売の実例:adidas originals

adidas originals」のNFTを転売の実例として紹介したいと思います。

そのNFTがこちら。↓

昨年の12月ごろに、世界的に有名な「adidas originals」がNFT界隈へ参入することを発表しました。

イブ
イブ

adidasはみなさんもご存知ですよね。あのadidasです。

そして同時にこのNFTが3万体限定で発売されました。

販売価格は0.2ETH(7~8万円くらい)でしたが、数秒で全て売り切れ

しかし、NFTの保有者には将来的に限定グッズがもらえたりと様々な特典があり、僕は将来性があると思ったので、0.4ETHくらいで転売品を購入しました。

そして、上記画像の通り、執筆時点(2/15)で1.32ETHなので0.9ETH(約30万円)のプラス

イブ
イブ

注目されているプロジェクトのNFTは、販売時から値上がりすることが多いので、初期価格近くで購入できると利益が出やすいですね。

現在は市場が過熱しており、プロジェクト数も多いので、チャンスが多い環境かと。

NFT転売のやり方・始め方

NFT転売のやり方・始め方

NFT転売を始めるには、NFTマーケットを使えればOKです。

NFT界隈の流れは非常に速いので、購入したいタイミングですぐに動けるよう準備しておきましょう。

NFT購入までの手順としては下記5STEP。

イブ
イブ

多く感じるかもですが、手順通りに進めば意外と簡単です!

全体の流れが分かりづらいと思うので、下記にイメージ図を作成してみました。↓

NFT転売のやり方・始め方 イメージ

※国内取引所をOpenSeaに接続することはできない為、MetaMaskという財布に一度資金を移動させてから使う必要があります。

イブ
イブ

さっそく、各手順について解説していきますね。

①国内取引所の口座開設 ※注意点アリ

まずは仮想通貨取引所の口座を作成しましょう。

NFT取引には、仮想通貨を準備する必要があります。

僕の場合は、「ビットフライヤー 」という取引所を利用しています。(無料)

イブ
イブ

タイミングによっては審査に時間がかかるので、とりあえず事前に申し込んでおくとスムーズですね。

注意:コインチェックを使うと「」をする

コインチェックは使いやすいですが、イーサリアムを「販売所」でしか取り扱っていません。

※イーサリアムはNFT取引に必要な仮想通貨

販売所は購入時のスプレッド(実質これが手数料)が大きく、3~5%は損していしまいます。

イブ
イブ

仮に30万円分のイーサリアムを買うと1万円前後も損することに。※日本円にするときも損してしまいます。

その為、取引所でイーサリアムを扱っているビットフライヤー で購入するのがおすすめ。

※審査に時間がかかる場合もあるので先に作っておくとスムーズです。

詳細記事:コインチェックのスプレッドは広すぎる!

②国内取引所にてイーサリアムを購入

続いて、国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入しましょう。

※NFT取引にはイーサリアムが必要

イブ
イブ

NFTの中には、他の通貨で売買できるものもありますが、ごく少数です。なので大半のNFTを取引できるイーサリアムを使いましょう。

詳しい手順は取引所によって異なるので、各記事に分けました。

こちら↓を参考にどうぞ。
コインチェックの入金・購入方法

ビットフライヤーの入金・購入方法

イブ
イブ

コインチェックの販売所で買うと高いので、ビットフライヤーの取引所で購入するのがおすすめ。上記記事ではそのやり方も紹介してます。

どれくらい購入すれば良いか?

イーサリアムをどれくらい購入するかは、「NFT転売の元手をどれくらいにするか」によって異なります。

元手が大きいと、

・高額NFTの取引にも手を出せる
・一度に複数のNFTを購入できる

メリットがあります。

自身の資産状況と相談して決定しましょう。

③仮想通貨ウォレットを作成

続いて、仮想通貨ウォレットである「MetaMask」を作成していきます。

MetaMask(メタマスク)の公式サイトはこちら。
メタマスク公式サイト

詳しい手順については「【簡単】MetaMaskの作り方」でまとめましたので、こちらをご覧ください。

スマホでも使いたい人

将来的にスマホでもOpenSeaを使いたい方は、スマホ(もしくはiphone)にMetaMaskアプリをいれておきましょう。

やり方は「iphone(スマホ)でMetaMaskを使う方法」で解説しています。

④仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金

購入したイーサリアムをMetaMaskに移動させていきましょう。

NFT転売のやり方・始め方 イメージ

上記画像で言うと、「国内取引所→MetaMask」の部分ですね。

こちらもやり方は使用する取引所によって異なるので、それぞれ別記事にて解説しました。

■コインチェックからMetaMaskへ送金する方法

■ビットフライヤーからMetaMaskへ送金する方法

※前述の通りコインチェックは高いのでおすすめはビットフライヤーです。

イブ
イブ

はやければ5~10分ほどで終わります。

⑤仮想通貨ウォレットをOpenSeaに接続

最後にMetaMask(メタマスク)をOpenSeaに接続していきます。

OpenSeaの公式ページ右上より、財布型のマークをクリックします。

すると、どのウォレットに接続するか求められるので、MetaMask(メタマスク)を選択。

MetaMask(メタマスク)が開くので、指示に従って進めば接続完了です。

イブ
イブ

これでNFT売買を行う準備は万端!

OpenSea内での操作

OpenSea内での操作は、「NFTを探す→Buyボタン」で購入と非常にシンプルです。

詳しい操作はこちらの記事でまとめたので参考にどうぞ。

OpenSeano使い方【スマホでもできる】

NFT転売で利益を出すためのヒント

NFT転売で利益を出すためのヒント

ここでは、NFT転売で利益を出すためのヒントを紹介します。

大きく分けて下記3つです。

さっそく順にみていきましょう。

①プロジェクトにてWLを獲得

これが最も手堅い方法です。

多くの場合、NFTを発行するプロジェクトはWL(ホワイトリスト)というものを配布しています。

ホワイトリストとは、仮想通貨界隈ではNFTの優先購入権みたいなもの。
※プロジェクトによって他の特典が付くこともあります。

これを獲得すると、転売による利益を得られる可能性が高いです。

なぜホワイトリストをゲットすると良いのか?

プロジェクトに関するNFTが一斉に販売されると、早い者勝ちとなりほとんどの場合は購入することができません。

そして、販売が終わるとそのNFTは初回価格から大きく値上がりします。
※100%ではありません。

イブ
イブ

ある程度盛り上がっているプロジェクトだと、だいたい売り切れますね。

しかしホワイトリストを持っていれば、初回価格で優先的に購入することができるので、あとは値上がりを待つだけ。

人気プロジェクトのホワイトリストを取ることで、比較的ローリスクで利益が狙えるわけです。

記事冒頭で紹介した「adidas original」だと、初回価格(0.2ETH)で購入できた人は、即売りでも2倍近くの値段で売れていたので6~8万円のプラスですね。

どうやってホワイトリストをゲットするか?

ホワイトリストの獲得方法はプロジェクトによって異なります。

プロジェクトのHPやdiscordコミュニティ等に、取得条件等が記載されていますので、チェックしましょう。

イブ
イブ

人気プロジェクトだと、Twitterで発信してる人がいるはず。

②コミュニティに参加して情報収集

2つ目は国内のコミュニティに参加して情報取集する方法です。

基本はdiscord上で運営されており、Twitterよりもクローズドな環境なので、貴重な情報にも出会いやすいです。

よく名前を聞くのは、「KudasaiJP」や「ADMEN DAO」ですね。

Twitterで検索するとでてくると思います。

イブ
イブ

チャットをせず、上記のdiscordに入って見るだけ、って人も多いですね。

③有名人、インフルエンサーをチェック

有名人やインフルエンサーの動きをチェックするのも1つの方法です。

大物が購入したNFTは瞬く間に世界中へ広がり認知度も向上するので、値上がりする場合があります。

例えば、下記は「Kawaii SKULL」というNFTコレクションに関するツイート。

RTFKT」というNFT界では有名な企業の共同創立者がこのNFTを購入したことにより、認知度が高まり爆発的にヒットしました。

NFTの市場が世界規模であることを、実感するニュースです。

イブ
イブ

上記ツイート時点でのボリュームは151ETHですが、更に翌日には500ETHを超えています。すごい。

④Giveawayに参加

Giveawayというのは、主にTwitter等で開催されている配布イベントです。

特徴としては、

・無料で参加できるので超ローリスク
・倍率は高い
・頻繁に開催されている
・運営側のメリットは認知拡大

が挙げられます。

イブ
イブ

企画によっては当たると数十万になったりもするので、宝くじ買うよりよっぽど良いですね。

例えばこんな感じ↓

上記はRunBloxというプロジェクトの靴(NFT)を配布する企画ですが、当たれば1つ8万円前後の価値があります。

Giveaway企画の見つけ方

Twitter上で、「Giveaway」と検索するとたくさんでてきます。

詐欺プロジェクトもあるので、開催者のアカウントが怪しくないかしっかり確認しましょう。

⑤長期保有は避ける

NFT転売をする場合、長期保有はなるべく避けたほうが懸命です。

理由としては、

・保有している間にイーサリアムが値下がりするリスク
・運用できる資金が減る
・多くのプロジェクトは過熱感が持続しない(波がある)

が挙げられます。

イブ
イブ

ついついプロジェクトやNFTに愛着が湧いてしまいますが、NFT転売においては早期に利確して次を探す方が稼げます。

NFT転売でかかる初期費用・手数料

NFT転売にかかる初期費用・手数料

ここでは、NFT転売でかかる初期費用手数料をまとめました。

NFT転売でかかる初期費用・手数料

さっそく順に見ていきましょう。

①ETHの送金手数料

NFTの転売を行うには、購入資金としてETHをウォレットに送金しておく必要があり、その際に手数料がかかります。

タイミングにもよりますが、2000円前後かかるのでなるべくまとめて送金しましょう

②購入時のガス代

NFTを購入すると、購入者はガス代と呼ばれる手数料を負担する必要があります。

こちらもタイミング次第ではありますが、3000円前後かかります。

イブ
イブ

取引量が増えていると、1万円とかに上がることもあるので、その時はキャンセルして様子を見るのがおすすめ。

③NFT売却時の手数料

NFTを売却する際にも手数料がかかります。
これは結構見落としがち

売却時にかかる手数料は、マーケットに支払う手数料2.5%とクリエイターに払うロイヤリティがあります。

イブ
イブ

ロイヤリティはNFTの製作者が自由に設定できるので、0%の場合もありますよ。

下記のように、出品ボタンの上に記載があるのでチェックしましょう。

上記だと、12.5%の手数料がかかりますね。(10%はキツイ)

詳しくはこちら↓の記事でも解説しています。

NFT転売の注意点、知っておきたいこと

NFT転売の注意点・知っておきたい事

ここでは、NFT転売を行う上での注意点、知っておきたい事を紹介します。

注意点、知っておきたいこと

さっそく解説していきます。

①詐欺に注意

NFT界隈では、詐欺が非常に多いです。

手段は多岐にわたりますが、例えばdiscordのダイレクトメッセージで、管理人と全く名前・アイコンで偽のURLを送り付けてきたりします。

DMは基本的に全て詐欺だと考えて良いくらいですね。

イブ
イブ

詐欺師もどんどん巧妙になってきているので、細心の注意をはらいましょう。

②著作権に注意

2つ目は、購入するNFTの著作権に注意しましょう。

NFTに対する法整備は完全ではありませんが、怪しいもの・明らかにNGなものは購入しない方が良いです。

極端な例だと、ワンピースの漫画を撮影してNFT化する等、明らかにダメですよね。

イブ
イブ

良くも悪くも、NFTを作り放題な状況なので、こういった点は注意が必要です。

③DYOR

DYORとは、「Do Your Own Research」の略で、自分で調べようという意味。

仮想通貨界隈では、DYORが基本であり、すべての情報は自分で調べて自分で判断する必要があります。

インフルエンサーの方が「このNFTは買いだ!」と言っても、それが余剰資金で買えるものなのか、どれくらい保有する前提なのか等、人によって違いますよね。

あくまで情報は参考にしつつ、最終的には自分で判断するようにしましょう。

④NFT転売の税金

NFT転売で発生した利益については、税金が発生します。

参考:NFTを用いた取引を行った場合の課税関係│国税庁

所得の状況等によっても税率が変わってくるので、利益が大きくなったら税理士に相談しましょう。

イブ
イブ

20万円以上の利益が発生すると、確定申告が必要になるケースが多いですね。

まとめ:NFT転売で利益を得よう

最後までお読みいただきありがとうございました。

長々と書きましたが、NFTの世界は「習うより慣れろ」だと思います。

なので、まずは小額からでも始めてみると理解が深まります。

⇒NFT転売のやり方・始め方をもう一度確認する

イブ
イブ

少ない元手でも始められるので、まずは触ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました