NFTのやり方を徹底解説【儲けるにはどうすれば良いのか】

nft

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

今話題のNFTをやってみたいけど、どうすればいいの?儲け方は何がある?

とお考えではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、NFTのやり方についてまとめました

この記事を読めば超初心者でもNFTのやり方が分かります

NFTの将来性やよくある質問も記載していますので、是非ご覧ください。

この記事で分かること

・NFTとは
・NFTマーケットの紹介
・NFTのやり方
・NFTの将来性
・よくある質問

NFTとは

NFT

まずは、NFTとは何なのか簡単に説明しておきたいと思います。

NFTは「Non Fungible Token」の略でして、訳すと非代替性トークンという意味です。

非代替性は、替えがきかないということですね。

仮想通貨等の基盤となるブロックチェーン技術を応用して、複製や改ざんができないようにする事で、写真やイラストなどに「唯一無二の価値」を付け加えたのがNFTです。

イブ
イブ

スクショしたらコピーできるじゃん!と思ったかもしれませんが、その場合スクショした画像はブロックチェーン上のデータと紐づいていない為、非代替性を有していないと言えますね。

また、余談ですが先日は12歳の少女がNFTを出品し1.8億円を稼いだ。というニュースがありました。これは氷山の一角でして、いかにNFT市場が盛り上がっているかが分かります。

NFTマーケットの紹介

ここでは、NFTを扱うマーケットをいくつか紹介します。小さいものまで上げると無数にあってきりがないので、有名なものを抜粋しました。

NFTマーケットプレイス

他にも色々ありますが、まずは一番有名なOpenSea(オープンシー)を利用するのが良いかと思います。

OpenSeaは最大手のNFTマーケットプレイスであり、利用者も一番多いです。
有名なNFTコレクション(Crypto Punks,BAYC,RTFKT等)も取扱いがありますので、基本的にはOpenSeaで全てが事足りてしまいます。

慣れてきて、どうしてもOpenSeaに無いようなNFTが欲しくなった場合に他のマーケットに手を出すのが良いと思いますね。

NFTのやり方

nft

いよいよ本題であるNFTのやり方について解説します。

NFTでお金を稼ぐ方法としては、大きく分けて下記の2つ。

NFTのやり方、稼ぎ方
  • ①将来性のあるNFTを購入する
  • ②NFTを作って出品する

単純ですが、それぞれについて解説していきます。

NFTのやり方① 将来性のあるNFTを購入する

1つ目のやり方としては、将来性のあるNFTを購入することです。

「将来性のある」ということは、今後価値があがりそうなNFTを購入し、価格が上がったら売却して稼ぐ方法ですね。

このやり方の場合、将来性があるかどうか見極める力が重要になってきます。

イブ
イブ

直感を信じてNFTを購入するのも絶対ナシではないですが、SNS等で情報収集をして注目されているコレクションを見つけるが賢明ですね。

NFTの始め方はこちらの記事を参考にどうぞ。
【NFTの買い方】初心者にも分かりやすく5STEPで解説【初期費用は?】

例:adidas originalは一日で26億円を売り上げた

例として、先日筆者イブが実際に購入した「adidas original」のNFTを見てみます。

これです↓

adidasは大手スポーツブランドとして馴染みがあると思いますが、NFT参入への先駆けとして12/18に3万点限定でNFTを発売しました。

1個あたり0.2ETH(約8.6万円)で販売されたこのNFTは販売後一瞬で売り切れ、今(12/23)では1個あたり0.7ETH(約30万円)で取引されています。

販売価格と比較すると+21.4万円ですね。

イブ
イブ

この時点で結構利益がでていますが、今後を期待してまだまだ売るつもりはないです。

このNFTはSNS上では販売前から非常に話題となっており、販売後も様々な特典がつくと「adidas original」から発表されています。

このような情報をSNS等でキャッチしておくことで、魅力あるNFTを買える可能性が上がると思います。

イブ
イブ

NFT市場はかなり加熱しているのでこういった事例はけっこうあります。

最近だと、NBA選手のスニーカーNFTが販売されたり、歌手が過去の名曲をNFT化して販売したり。

筆者イブ (@ibuib__) も情報を見つけ次第発信するのでフォローしてくれると喜びます。

NFTのやり方② NFTを作って出品する

2つ目は、NFTを自分で作って出品する方法です。

作ればなんでもかんでも売れるわけでもありませんが、記事前半で紹介した海外の少女がNFTで1.8億円稼いだ話や、日本の小学生の自由研究が380万円で売れた、という事例もあります。

イブ
イブ

NFTドリームですよね!

子供が書いた絵を販売しているクリエイターや、絵の作成は外注して販売だけしている方もいますよ。

NFTの作り方、出品方法はコチラの記事を参考にどうぞ。
【NFTの作り方】超初心者向けに初期費用もあわせてゼロから解説

NFTの将来性

NFTのブームってすぐ終わってしまうんじゃ・・・と考える人もいますよね。ここではNFTの将来性について考えてみたいと思います。

未来のことは分からないので筆者イブの意見となってしまいますが、NFT市場はまだまだ発展段階にあると考えています。

先ほど紹介した「adidas original」のように大手企業がどんどんNFTに参入してくるかと。

こういったなじみの深い企業が参加することで、今NFTに関心がない人にも情報がいきわたり、更にNFT市場は大きくなると思います。

例えばスポーツブランドのNIKEはNFT作成の企業RTFKTを買収しました。

他には、皆さんが普段使用しているLINEもNFTマーケットへの参入を発表しています。

イブ
イブ

始めるのに遅すぎることはないですよ!

よくある質問

先ほどはNFTのやり方を紹介しましたが、ここではよくある質問をいくつか紹介します。

初期費用はどれくらいかかるのか

NFTを始めようと思っている方にとって、初期費用がどれくらいかかるのかは知っておきたいポイントだと思います。

例として、最大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」の場合だと目安は下記の通り。

NFT 初期費用
  • ①NFTを購入する場合:6千円前後 ※NFT自体の価格は除く
  • ②NFTを作って出品する場合:1.5万円前後 

ETH(イーサリアム)の価格や取引タイミングでかなり変動があるので、上記はあくまで目安としてください。

NFTを始める際の初期費用について、詳しくは下記記事で解説しています。費用を抑えるコツも消化していますのでぜひ。
【初期費用はどれくらい?】NFTを始める前に知っておきたい事

損をする可能性はあるか

NFTをやる上で損をする可能性はもちろんあります。

購入したNFTが値下がりしたり、初期費用を払ってNFTを出品したけど全く売れなかった等。

ですが、やってみなければ利益を得る可能性は1%もありません。

まずは失っても痛くないような余剰資金で始めることをおすすめします。(NFTは安いと1000円くらいのものもあります。)

イブ
イブ

NFTの世界に触れることで学べることは多いです。

最後に

以上で本記事は終了です。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。あなたもNFTの世界へ・・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました