【おすすめも紹介】Binance(バイナンス)への入金方法を徹底比較

binance

こんにちは、イブです。 (@ibuib__)

世界最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)ですが、利用する際にどうやって入金するのが最も良いのか、いまいち分かりにくいですよね。

今回はそんな方の為に、最もおすすめの入金方法を紹介すると共に、それぞれの入金方法を徹底比較したいと思います。

入金方法の解説も画像付きで記載しますので、是非ご覧ください。

この記事で分かること

・Binance(バイナンス)へ入金する最もおすすめの方法
・入金方法の比較
・入金方法の解説(画像付き)
・入金できない場合の対処法

Binance(バイナンス)への登録がまだの方はこちらからどうぞ。貼っておきます。
Binance(バイナンス)

また、こちらの記事も参考にしていただければ幸いです。

【結論】Binance(バイナンス)への入金で、一番おすすめの方法

結論から言うと、Binance(バイナンス)へ仮想通貨を入金する最もおすすめの方法は、「国内取引所からリップル(XRP)をBinance(バイナンス)へ送金する」ことです。

のちほどの「入金方法を徹底比較」でも紹介しますが、国内取引所から仮想通貨を出金する際、各取引所が定めた出金手数料が発生します。(Binance側では発生しない。)

この出金手数料は通貨によって異なっており、リップル(XRP)が安いです。

以下はコインチェックの手数料です。参考に貼っておきます。

https://coincheck.com/ja/

上記の表からいくと、BTCだと3000円以上するのがXRPだと数十円です。

その為、Binance(バイナンス)へ入金する最もおすすめの方法は、「国内取引所からリップル(XRP)をBinance(バイナンス)へ送金する」です。※LSKやFCTもまあまあ安いのでそちらでもOK。

コインチェックを未開設の方はこちらからどうぞ。一応貼っておきます。
操作が簡単なので安心です。
コインチェック

XRP(リップル)を買う場合はbitFlyer もおすすめ。取引所があるので比較的安く買えます。

イブ
イブ

できるだけ安く買いたいならbitFlyerですね。僕は両方使ってます。

Binance(バイナンス)への入金方法を徹底比較

こちらでは、Binance(バイナンス)へ入金する方法を比較していきます。

比較する入金方法は下記の通り。
日本円から入金する方法はこれで全てです。
※日本円のままではユーロやドルのように入金できません。

Binance(バイナンス)への入金方法

①国内取引所から仮想通貨を入金
②クレジットカードで入金
③代行業者決済(Simplex)で入金
④P2Pトレードで入金

①国内取引所から仮想通貨を入金

1つ目はおすすめとして紹介させて頂いた、国内取引所から仮想通貨を入金することです。

現状では、この方法で仮想通貨を送るのが最も手数料を安く抑えられると思います。

国内取引所からBinance(バイナンス)へ仮想通貨を入金する場合、Binance(バイナンス)側では手数料がかかりません。

その為、国内取引所が設定している出金手数料のみかかることがほとんどです。
参考に、コインチェックの出金手数料は下記の通り。

https://coincheck.com/ja/

ビットコイン(BTC)を送金すると3000円以上かかってしまうので、リップル(XRP)に換金してから送金するのがおすすめ。リップルだと数十円とかです。
11.28時点でリップルの相場は105円ほどなので15円ほどですね。

国内取引所から仮想通貨を入金 まとめ

おすすめ度:◎
簡単さ:〇
手数料:取引所,通貨毎に異なる。コインチェックからリップルを送れば数十円。
メリット:通貨によっては手数料が安い。比較的入金が簡単。
デメリット:日本円を入金できない為、一度国内で仮想通貨を購入する必要がある。

②クレジットカードで入金

2つ目に紹介するのはクレジットカードでの入金です。

こちらの方法では、Binance(バイナンス)上でクレジットカード決済により、仮想通貨を購入することができます。

操作としては、カード情報を入力して購入通貨、数量を選ぶだけなので非常に簡単。

ですが、手数料が2%かかるので非常に高いところが問題。
仮に50万円分購入しようとすると、1万円も手数料がかかります。(そんなにもらえるなら代わりにやりたいですよね。)

どうしてもやむを得ない事情がある場合以外、クレジットでの入金は避けるべきですね。

また、購入できる通貨は11/28時点では6種類です。
(BTC,BNB,BUSD,ETH,USDT,XRP)

クレジットカードで入金 まとめ

おすすめ度:×
簡単さ:◎
手数料:2%
メリット:日本円で仮想通貨を購入できる。購入までの操作が簡単。
デメリット:手数料が高い。

③代行業者決済(Simplex)で入金

3つ目は、代行業者に仮想通貨を購入してもらう方法です。

日本円で購入する場合は「Simplex」という業者のみ利用可能です。

操作は先ほどのクレジット決済と似ており、Binance(バイナンス)のサイトから飛んでカード情報、購入通貨、数量を入力するだけなので比較的簡単です。

ですが、こちらの方法もやはり手数料が高い
2.5%~3.5%(最低10ドル)ほどの手数料がかかります。

この方法を利用するならまだクレジットカード決済をしたほうがマシというレベルですね。

代行業者決済(Simplex)で入金  まとめ

おすすめ度:×
簡単さ:〇
手数料:2.5~3.5%(最低10ドル)
メリット:操作が比較的簡単。
デメリット:手数料が高い。

④P2Pトレードで入金

続いて紹介するのはP2Pトレードです。
あまり馴染みがない方も多いと思いますが、世界各国の人がつながってそれぞれが設定した条件で仮想通貨を取引することができます。

こちらの良い点としては、Binance(バイナンス)から取引手数料を取られることがないため、その分良い条件で取引をすることができます。

ですが、ユーザー同士の取引である為、相場以上に高い価格で取引をしてしまう可能性もあり、過失責任をBinance(バイナンス)が負ってくれるわけではありません

現状では、国内取引所から送金する方法もあり、ユーロやドルであれば直接入金できてしまうので、P2Pトレードはあまり発展しておらず、利用者も少ないと思われます。

P2Pトレードで入金  まとめ

おすすめ度:×
簡単さ:×
手数料:無料(Binanceには取られない)
メリット:・今の相場より安く取引できる可能性もある。
     ・Binance側に手数料を取られない。(銀行等からの送金定数量はかかる。)
デメリット:・今の相場より高く購入してしまうリスクがある。
      ・ユーザー同士の取引である為、
       過失責任をBinance(バイナンス)が負ってくれるわけではない。

Binance(バイナンス)への入金方法を解説【画像付き】

binance

こちらでは国内取引所からBinance(バイナンス)へ仮想通貨を入金する方法について、画像付きで解説します。

※国内取引所は利用者が多いコインチェックを例にしています。

バイナンスの公式ページに行き、右上の人型マークをクリックし、
ウォレット>ウォレット概要をクリック。
※画像はPC画面ですが、スマホアプリでも同様の手順で対応が可能です。

すると、下記のページが開きますので黄色く表示されている入金を押します。

続いて、「仮想通貨を入金」をクリック。

すると下記ページが開きますので、送金したい通貨とネットワークを設定します。

通貨とネットワークを設定すると、上記画像のように「アドレス」と「MEMO」がでますので、これをコピーして控えておきます。ここを間違えると資金を失う可能性があるので慎重に行いましょう
※画像はリップルを例としているので「MEMO」がでています。ビットコインやイーサリアムでは不要です。

ここまででBinance(バイナンス)へ入金する為のアドレスとMEMOが入手できたので、コインチェック側での操作を進めます。

コインチェックでログインを行うと、左側もしくは右側のタブに「暗号資産の送金」というところがあるのでクリック。

すると下記画像のように、送金する通貨を選択できます。
今回は例として「Ripple」を選択。(ビットコインやイーサリアムでも構いません。)

「送金先リストの編集」をクリックすると下記画面が出てきます。

「新規ラベル」には任意の名前を入力し、「新規宛先」には先ほどBinance(バイナンス)
で控えたアドレスを入力し、追加をクリック。
※アドレスは必ずコピー&ペーストで入力し誤りがないようにしましょう。

すると、宛先欄のプルダウンメニューを押すと、先ほど登録したアドレスが出てくるようになるのでそれを選択。

リップル(XRP)を送金する場合は、Binance(バイナンス)で控えたMEMOを宛先タグに入力。

後は送金したい金額を入力して「送金する」を押せば送金完了です。
お疲れさまでした。

Binance(バイナンス)へ入金時のトラブル 対応法

binance

こちらではBinance(バイナンス)へ入金する際に発生しがちなトラブルをいくつか取り上げました。参考に目を通して頂ければと思います。

国内銀行からの送金ができない

記事前半でも記載しましたが、国内銀行(三井住友銀行等)からBinance(バイナンス)へ、直接日本円を送金することはできません。

上記で紹介したいずれかの方法で入金する必要があります。

まずは、仮想通貨を購入して送金するか、どうしようもない場合はBinance(バイナンス)上にてクレジット決済で通貨を購入することを検討してみてください。

入金したがウォレットに反映されない

送金方法や送金する通貨によって反映時間は異なります。
ビットコインを送った場合、最低でも数十分はかかります。

通常、送金速度が早い通貨でも取引量が増加すると、一時的に遅くなることもあり得ますので少し時間をおいて再確認してみてください。

それでもなかなか反映されない場合は、送金時のアドレスやMEMOに間違いがないか再確認してみてください。

アドレスを間違えた

仮想通貨の送金時、アドレスを間違えると資産を失ってしまう可能性が極めて高いです。

とはいえ、返ってくる可能性はゼロではないので、まずは送金元の取引所に問い合わせをおこないましょう。

誤入力したアドレスが存在せず、送金エラーとなっていれば返ってくる可能性も高まります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回はBinance(バイナンス)へ入金するおすすめの方法について紹介しました。

いつか日本円を直接入金できる日が来るかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました