【The Sandbox】土地の買い方を初心者向けに解説

sandbox land

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

The Sandbox(サンドボックス)の土地を買ってみたい。買い方を知りたい。

とお考えではないでしょうか。

メタバースの中でも特に有名なThe Sandboxでは、ゲーム内の土地価格が上昇しており、投資対象としての期待が高まっています。

イブ
イブ

1週間で98億円もの土地が売買されたことでも話題になりました。(参考:ITmedia)

ということで今回は、The Sandbox(サンドボックス)について、土地の買い方を解説していきます。

そもそもThe Sandboxって?という方は、「【最新】The Sandboxの始め方・やり方」からどうぞ。

この記事で分かること

・The Sandboxの土地価格
・The Sandboxで土地を購入する方法

The Sandbox の土地価格は?

まず、The Sandbox(サンドボックス)の土地価格について、紹介しておきます。

メタバースであるThe Sandbox内には、個人が所有することのできる土地が存在し、その数は「166,464個」。

執筆時点3/26の最低価格は2.3ETH=約85万円です。

イブ
イブ

土地の数は増えることがなく、価格も上昇傾向なので、メタバースに期待するなら1つは買っておきたいところ。

最新価格はこちらから確認できます。
The Sandbox│OpenSea

The Sandbox 土地の買い方

sandbox

本題である「土地の買い方」について解説していきます。

The Sandboxの土地を購入する方法は2パターン

購入方法は下記の2パターンです。

The Sandboxの土地購入パターン
  • ①CoinCheck NFTで購入
  • ②OpenSeaで購入

コインチェックのNFTマーケットでもThe Sandboxの土地を取り扱っています。

ですが、OpenSeaに比べると割高な場合が多いです。

イブ
イブ

コインチェックは海外の市場から土地を購入して販売しており、手数料がのっているため。

OpenSeaは海外のマーケットなので、購入まで手順を踏む必要がありますが、こちらの方が安いことが多いです。

ということで、今回はOpeSeaでThe Sandboxの土地を購入するやり方を解説していきます。

※コインチェックNFTでの購入に興味がある方は「CoinCheckNFTとは?買い方も解説」をどうぞ。

OpenSeaで土地を購入する方法

The Sandboxの土地を購入するステップとしては、大きく分けて下記の5STEP。

The Sandboxで土地を買う方法 5STEP
  • ①国内取引所の口座を作成
  • ②国内取引所にてイーサリアムを購入
  • ③仮想通貨ウォレットを作成 
  • ④仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金
  • ⑤OpenSeaに接続し土地を購入

イメージ図を作成してみました。↓

opensea

国内取引所の口座とMetamaskという財布を準備します。

そして、それらを経由してNFTマーケットである「OpenSea」で売買を行うイメージ。

イブ
イブ

それではさっそく見ていきましょう!

STEP①国内取引所の口座を作成

まずは、国内取引所の口座を作成します。

国内取引所はどこでもいいので、好きなところを選んで作りましょう。

僕の場合は、コインチェックビットフライヤー という取引所を使っていますが、正直なんでもOKです。

選ぶ目安としては下記の通り。

ビットフライヤーを使うとSTEP2で購入するイーサリアムが3%くらい安くなります。
※販売所ではなく取引所で購入した場合です。買い方は後ほど。

イブ
イブ

50万円分買うと1.5万円分くらいの差ですね。

また、それぞれの口座開設については下記の記事で解説しました。
良ければ参考にどうぞ。

コインチェック
⇒【最短5分】コインチェックで口座開設する方法

ビットフライヤー
⇒【簡単】ビットフライヤーで口座開設をする方法

イブ
イブ

所要時間はそれぞれ5分くらいですね。審査もあるので先にやっておくとスムーズです。

STEP②国内取引所にてイーサリアムを購入

続いて、国内取引所にてイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イブ
イブ

The Sandboxの土地は、イーサリアムで取引されています。

コインチェック、ビットフライヤーそれぞれの入金方法・買い方を下記記事にまとめました。
こちらを参考にどうぞ。

コインチェック
⇒【簡単】コインチェックの入金・買い方

ビットフライヤー
⇒【簡単】ビットフライヤーの入金・買い方

STEP③仮想通貨ウォレットを作成

続いて、仮想通貨ウォレットである「MetaMask」を作成していきましょう。

仮想通貨ウォレットはいくつかありますが、MetaMask(メタマスク)が最も有名です。(基本みんなこれを使ってます。)

実際の手順については、こちらの記事で画像付きで解説しましたので、ご覧ください。
MetaMask(メタマスク)の作り方

STEP④仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金

続いて、仮想通貨ウォレット(MetaMask)に先ほど購入したETH(イーサリアム)を送金していきます。

イブ
イブ

ここまでくれば、あともう少し!

送金方法はこちら↓の記事にまとめました。

コインチェック、ビットフライヤーそれぞれについて解説していますので、該当する方を読み進めてください。

コインチェック
⇒コインチェックからMetaMaskへ送金する方法

ビットフライヤー
⇒bitFlyerからMetaMaskに送金する方法

イブ
イブ

はやければ5分ほどで終わりますよ!

STEP⑤OpenSeaに接続し土地を購入

最後にMetaMask(メタマスク)をOpenSeaに接続していきます。

OpenSeaの公式ページ右上より、財布型のマークをクリックします。

すると、どのウォレットに接続するか求められるので、MetaMask(メタマスク)を選択。

MetaMask(メタマスク)が開きますので、指示に従って進めば接続されます。

続いて、下記のページからThe Sandboxの土地を選んでいきましょう。

>>The Sandbox│OpenSea

イブ
イブ

上記はOpenSea内のDecentraland公式ページです。詐欺コレクションもあるので上記から入ると安全です。

購入したい土地を選んで、選択すると個別の画面が開きます。

「Buy now」をクリックし「Confirm checkout」をクリック。

あとはMetaMaskが開くので、「署名」→「確認」を押せば決済完了です。

イブ
イブ

お疲れさまでした。これで皆さんもメタバースの地主ですね!

最後に

以上で本記事は終了です。最後までお読みいただきありがとうございました。

The Sandboxは、海外企業や日本の有名企業(スクエニやエイベックス等)も参入しており、注目のメタバースです。

イブ
イブ

今後の発展は十分に期待できるので、今のうちに触っておくと先行者利益が得られるかもしれませんね!

>>土地の買い方を再確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました