【メタバースの作り方3選】おすすめのプラットフォームも紹介

メタバースの作り方

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

メタバースの作り方を知りたい。おすすめのアプリやプラットフォームはどれ?

とお考えではないでしょうか。

最近は「メタバース」への注目度も徐々に高まっており、トレンドに備えて作り方を学んでおきたいところですよね。

イブ
イブ

Facebookが社名を「Meta」に変更したことも記憶に新しい!(参考:メタに解明したフェイスブック)

しかし、単に「メタバースを作る」といっても、

・メタバース内のアバター&アイテムを作る
・メタバース内でゲームを作る
・メタバースのプラットフォームを作る

があり、それぞれやり方は変わってきます。

そこで本記事では、上記についてそれぞれ解説していきます。

メタバースの作り方を知りたい方は是非ご覧ください。

イブ
イブ

おすすめのプラットフォーム、アプリも紹介しますよ!

実際にプレイして稼ぎたい方はこちら。
メタバースのやり方・始め方

この記事で分かること

メタバースの作り方3選

【コインチェックを使っている人は損してるかも

メタバースで稼ぐには仮想通貨取引所が必須

しかし、コインチェックにはイーサリアムやリップルの販売所しかありません。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分買うと1.5万円も損。)

そのため、取引所のあるビットフライヤー を使いましょう。

メタバースの作り方

metaverse_invest

記事前半で紹介した通り、単にメタバースを作るといってもパターンは下記の3つ。

※メタバースをプレイして稼ぎたい人はこちら。
メタバースのやり方・始め方

それぞれについて、少し補足をいれるとこんな感じです↓。

メタバースの作り方 3パターン 追記Ver.

個人でクリエイターとして活動するなら①②。企業で「メタバースを作る」なら③ですね。

イブ
イブ

さっそくそれぞれについて、見ていきましょう!

メタバースの作り方①アバター&アイテムを作る編

1つ目は、メタバース内でゲムやアイテムを作る方法です。

例えば、下記は「The Sandbox」というメタバース内のマーケット。

ユーザーが作成したアイテムを実際に購入することができます。↓

イブ
イブ

購入した人はそのアイテムを自分の土地に置いたりできますね。

こちらの人は、忍者のアバターを作っています↓

肝心の作り方ですが、大きく分けて下記の3STEP。

それぞれ解説していきます。

STEP1:プラットフォームを選ぶ

まずは、どのプラットフォームでアイテムを作るのかを決定しましょう。

プラットフォームは小さいのも含めると無数にありますが、

The Sandbox
Decentraland

が特におすすめ。

上記は多くの企業が進出しており、ユーザーも多いです。

イブ
イブ

人がいないと売れるものも売れないですからね。

STEP2:ツールを選ぶ

プラットフォームを決めたら、アイテムを作成するツールを選びましょう。

イブ
イブ

プラットフォームによってツールが決められている場合も多いです。

例えば、先ほど紹介したThe Sandboxだとアイテムを作る用に「VoxEdit」というツールを無料公開しています。

https://www.sandbox.game/jp/create/vox-edit/

ダウンロードは公式ホームページから可能です。

VoxEdit│The Sandbox

STEP3:アバター&アイテムを作る

ツールをインストールしたら、いよいよ製作です。

操作方法はツールによって異なりますが、The Sandboxのツール「VoxEdit」の場合は、ツール内にチュートリアルがあるので、そちらを参照しましょう。

もしくは、こちらの記事「VoxEdit: The Sandboxボクセルエディター」でも基本操作などを学ぶことができます。

実際に作ってみた

僕も試しに「木」を作ってみました↓。(製作5分)

イブ
イブ

これが木に見えるかはさておき、やってみるとけっこう楽しいですね。

メタバースの作り方②ゲームを作る編

メタバース内ではゲームを作ることも可能です。

ゲームを作ることで、入場料で稼いだり、オンラインカジノのようにして稼ぐことができます。

イブ
イブ

ゲームの中にゲームを作っているような感じですね。

作り方は、大きく分けて下記の3STEP。

イブ
イブ

早速見ていきましょう!

STEP1:プラットフォームを選ぶ

ここは、前述の「アイテムの作り方」と同じです。

まずはゲームを作るプラットフォームを選びましょう。

おすすめは、とくに有名なメタバースである下記の2つ。

The Sandbox
Decentraland

イブ
イブ

どちらも有名企業が多く参入しており、ユーザー数も多いです(=ゲームをプレイする人も多い)。

今回は、The Sandboxを例としてSTEP2以降を紹介していきます。

STEP2:ツールを選ぶ

The Sandboxでは、ゲームを作るツールとして「Game Maker」を無料提供しています。

入手方法は、The Sandbox公式ページを開いて左側のメニューより、[作成」をクリック。

「Game Maker」のページが開くので「ダウンロード」をクリック。

イブ
イブ

残念ながらGame MakerはMacにはまだ対応しておらず、Windowsだけです。

STEP3:ゲームを作る

ツールをダウンロードしたらファイル開いて、インストールしましょう。

完了すると、「Game Maker」が開きます。

「Create New」をクリックすると新たにゲームを作成できます。

操作方法は、こちらの公式マニュアルを参考にどうぞ。
→Game Maker公式マニュアル

メタバースの作り方③プラットフォームを作る編

最後に紹介する方法は、「メタバースのプラットフォーム自体を作る」です。

クリエイトというよりは、開発なので、こちらは個人ではハードルが高いです。

イブ
イブ

メタバースそのものを作るには、莫大な時間と費用が・・・。

その為、「メタバース開発の仕事がしたいメタバースを作りたい」と考えている方は、関連企業で働くのが近道かと思います。

こちらの記事で関連会社を紹介しているので参考にどうぞ。(外部サイト)

最後に

以上で本記事は終了です。

メタバースは徐々に注目を集めている期待の分野です。

今のうちに学んで先行者利益をゲットしましょう。

メタバースの関連記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました