【保存版】NFT Worldsの始め方【稼ぐ方法も解説します】

nft worlds

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

NFT Worldsって何?稼げるの?
NFT Worldsの始め方を知りたい。

とお考えではないでしょうか。

NFT Worldsはメタバースゲームの1つでして、プレイすることで仮想通貨を稼ぐことができます。

本記事では、NFT Worldsの始め方を初心者の方にも分かりやすく解説します。

稼ぎ方や知っておくべきことも紹介しますので、ぜひご覧ください。

この記事で分かること

・NFT Worldsとは
・NFT Worldsの始め方
・NFT Worldsの遊び方、稼ぎ方
・NFT Worldsの将来性、今後
・よくある質問

NFT Worldsとは?

https://www.nftworlds.com/

NFT Worldsは、Minecraft(マインクラフト)のオープンソースを利用して作られたメタバースゲームです。(マイクラ公認)

イブ
イブ

NFT技術とマインクラフトをかけあわせたもの、と考えると分かりやすいですね。

※そもそもメタバースって?という方は、メタバースのやり方・始め方を参考にしてください。

NFT Worldsの世界観は、こちらの公式youtubeが分かりやすいのでどうぞ。

NFT Worldsが発行する通貨「WRLD」

通貨の名称WRLD(ワールド)
シンボルWRLD
通貨の価格約25円 ※3/9時点 (WRLDの最新価格を確認)
公式サイトNFT Worlds公式サイト

NFT Worldsは「WRLD」という仮想通貨を発行しており、メタバース内でプレイすることにより、この通貨を稼ぐことができます。

イブ
イブ

詳しい稼ぎ方については、記事後半で解説しますね。

10,000個の土地区画

NFT Worlds内では、10,000個の土地(Land)が存在しており、ユーザーはそれらをNFTとして所有することができます。

土地はこのような感じです↓。

3/23時点で最低価格は10.49ETHなので、日本円で約360万円

https://opensea.io/collection/nft-worlds
イブ
イブ

土地は10000個から増えることはないので、人気が高まれば希少価値も上がるので、更なる価格上昇が期待できますね。

土地の最新価格はこちらから確認できます。
→NFT Worlds│OpenSea

エアドロで利益を得た人も

土地の所有者には通貨「WRLD」のエアドロップも行われており、これだけで数百万円稼いだ人もいます。

この方↓は700万円以上ゲットしてますね。(羨ましい・・)

イブ
イブ

エアドロップは仮想通貨等の無料配布のことです。今回の場合なら土地をもってるだけで、仮想通貨WRLDがもらえる、ということです。

NFT Worldsの始め方

nft worlds

NFT Worldsの始め方としては、大きく分けて下記の5STEP。

NFT Worldsの始め方
  • ①MetaMaskを作成
  • ②マインクラフトを購入
  • ③NFT Worldsのサーバー追加
  • ④ウォレットの接続
  • ⑤NFT Worldsをプレイ
イブ
イブ

マインクラフトそのものが必要なので、初期費用として3000円かかります。その点は認識しておきましょう。

それではさっそく、解説していきます。

①MetaMaskを作成

まずは、MetaMaskという仮想通貨ウォレットを作成しましょう。

イブ
イブ

仮想通貨ウォレットは、仮想通貨用の財布です。

NFT Worlds内で稼いだ「WRLD」はこのMetaMaskに入ることになります。

作成方法は「MetaMask(メタマスク)の作り方」で解説しました。

②マインクラフトをインストール

続いて、マインクラフトをインストールしましょう。

こちらのページからマインクラフトを購入できます。(3000円)

マインクラフト公式ページ

イブ
イブ

PC GAME PASSで利用する場合は、初月100円で利用できるので、試しにやってみたい方はそちらもおすすめです。2か月目以降は850円。

③NFT Worldsのサーバー追加

まずはNFT Worldsの公式サイトからサーバー情報を確認します。

→NFT Worlds公式ページ

上記ページを開くと、遊べるWorldsが表示されるので「Play Now」を選択。

イブ
イブ

今回はNFT Worlds Factionsを選択しました。

アドレスが表示されるので、「Copy Address」をクリックしてコピー。

続いて、マインクラフトを開き、「遊ぶ」を選択。

「サーバー」タブを選択して、右側のサーバー特集を下にスクロールすると、「サーバーを追加」とでてくるのでクリック。

サーバーを追加する画面では、先ほどコピーしたアドレスを入力し、「遊ぶ」をクリック。

イブ
イブ

サーバー名はなんでもOK。ポートは初期設定のままで大丈夫です。

ここまでで、NFT Worldsのプレイ自体は可能になりました。

④ウォレットの接続

WRLDを稼ぐためには、NFT Worldsにウォレットを接続しておく必要があります。

→NFT Worlds公式サイト

上記サイトにアクセスし、右上の「Player Login」をクリック。

「Set Main Wallet」をクリック。

「MetaMask」をクリック。

MetaMaskが開くので、確認し「接続」しましょう。

イブ
イブ

これでウォレットの接続は完了です。

⑤NFT Worldsをプレイ

あとはNFT Worldsをプレイすることで、WRLDを稼ぐことができます。

イブ
イブ

稼げる方法は、運営の方針や投票によって変化する可能性があるので、最新情報はウォッチしておくようにしましょう。クエスト等をクリアして稼ぐこともできるようです。

NFT Worldsの稼ぎ方

axie

ここでは、NFT Worldsでの稼ぎ方をいくつか紹介します。

NFT Worldsの稼ぎ方
  • ①ゲームプレイ
  • ②土地への投資
  • ③おまけ:エアドロップ

さっそくそれぞれについて、解説していきます。

①ゲームプレイ

シンプルにNFT Worldsをプレイすることによって、WRLDを稼ぐことができます。

イブ
イブ

タイミングによって稼げる金額は変わるので、その点は注意しましょう。

②土地への投資

記事冒頭でも紹介しましたが、NFT Worldsには1万個の土地が存在しており、NFTとして取引することができます。

3/23時点で最低価格は10.49ETHなので、日本円で約360万円

https://opensea.io/collection/nft-worlds

土地の最新価格はこちらから確認できます。
→NFT Worlds│OpenSea

イブ
イブ

他のメタバースゲームに比べると土地の数が少なく希少性が高いのも特徴ですね。

この土地はOpenSeaというNFTマーケットで購入することができます。

買い方は「OpenSeaの始め方を5STEPで解説」を参考にどうぞ。

③おまけ:エアドロップ

NFT Worldsでは土地の保有者にWRLDが無料配布されたことでも話題になりました。

今後エアドロップがあるかは未定なので、これを目的に土地を購入するのはおすすめできないですが、今後の保有特典に注目するのも1つの手かと思います。

よくある質問

ここではNFT Worldsを始める上で、よくある質問をまとめました。

イブ
イブ

下記はクリックすると開きますよ!

NFT Worldsをプレイする為には、マインクラフトを購入する必要があります。(3000円)
既にマインクラフトを利用している方であれば、初期費用ゼロでプレイ可能です。

稼いだWRLDは、国内取引所で取扱いがないため、そのまま送金することができません。なので、一度海外取引所にて交換→国内取引所へ送金する必要があります。
流れ:MetaMask→海外取引所(Binance)→国内取引所→現金化
Binanceと国内取引所は審査もあるので事前に作っておきましょう。
国内取引所は手数料の安いビットフライヤー がおすすめ。

土地の価格は常に変動しますが、3/23時点で約360万円です。
最新価格はこちらから確認できます。→NFT Worlds│OpenSea

最後に

以上で本記事は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

他のメタバースゲームも興味がある方は、こちらの記事をどうぞ↓。

コメント

タイトルとURLをコピーしました