【9/16更新】SweatcoinのSWEATを換金する方法【簡単】

SWEATの換金方法

こんにちは。イブです。 (@ibuib__)

とある人
とある人

Sweatcoin(スウェットコイン)のSWEATってどうやって換金するの?
失敗しないか怖い。

とお考えではないでしょうか。

9/13からSweatcoin(スウェットコイン)の通貨「SWEAT」が上場しました。

しかし、「換金方法がイマイチ分からない。」という方も多いはず。

そこで今回は、Sweatcoin(スウェットコイン)の通貨「SWEAT」を日本円に換金する方法を解説します。

イブ
イブ

手数料を抑える方法も紹介するので、ぜひご覧ください!

この記事で分かること

・SWEATを日本円に換金する方法
・SWEATの換金にかかる手数料まとめ
・SWEATを換金するなら知っておくべき事

【コインチェックを使うとをする】

Sweatcoinを利用する上で、コインチェックを使うのはもったいないです。

なぜなら、「販売所」の手数料で大きく損をしてしまうから。

販売所はスプレッドが設定されており、3~5%前後は損です。
(50万円分取引すると1.5万円も損。)

その為、取引所のあるビットフライヤー を使いましょう。

日本円に換金するときも損してしまいます。

早ければ、申請5分/審査30分ほどで開設できます。

【Sweatcoin】SWEATを日本円に換金する方法

【Sweatcoin】SWEATを日本円に換金する方法

Sweatcoin(スウェットコイン)の通貨である「SWEAT」を換金する方法を解説します。

やり方は、大きく分けると下記の5STEP。

イブ
イブ

送金に失敗しないよう、詳しく解説していきますね!

①国内取引所の口座開設 ※注意点アリ

まず、日本円に換金するために国内取引所の口座を開設しましょう。

※もちろん無料

国内取引所はたくさんありますが、どこを利用しても換金は可能です。

イブ
イブ

好きなところを選んで作りましょう。

僕は、ビットフライヤー という取引所を利用しています。

注意:コインチェックを使うと「」をする

コインチェックを使うと、スプレッドで損をしてしまいます。

理由としては、送金手数料の安いリップルを「販売所」でしか取り扱っていないからです。

イブ
イブ

リップルを使うと手数料がほぼゼロなので、お得です。(後ほど詳しく解説)

販売所は購入時のスプレッド(実質これが手数料)が大きいので、

取引所でリップルを扱っているビットフライヤー で購入するのがおすすめ。

※審査に時間がかかる場合もあるので先に作っておくとスムーズです。

②Bybitの口座開設

続いて、海外取引所である「Bybit」の口座を開設しましょう。

Bybitを開設する理由としては、仮想通貨「SWEAT」を取り扱っているからです。

※9/14時点、SWEATはBinanceでも取り扱いがありません。
 Bybitで換金しましょう。

口座開設はこちらからどうぞ。
>>Bybit公式サイト

イブ
イブ

スムーズにいけば、5~10分で開設できます。

③Sweat WalletからBybitへ送金

イブ
イブ

筆者は毎日Sweatcoinの情報をチェックしてるので、更新があがればすぐ追記しますね!
Twitter(@ibuib__ )でも発信します。

続いて、Sweat WalletからBybitへSWEATを送金していきましょう。

SWEATを換金する為には、「Sweat Wallet」というアプリが必要です。

持っていない方は、アプリをダウンロードしてSweatcoinと連携させておきましょう。

Sweat Wallet

iOSでSweat Walletをダウンロード

AndroidでSweat Walletをダウンロード

Sweatcoinアプリ内からもダウンロードが可能です。

連携はアプリ起動後にでるガイドに従って進めばOKです。

イブ
イブ

Sweatcoinをある程度利用して、コインをためておかないと連携できないので注意。

ガイドに従って、最後に下記の「Open your Wallet」を押せばウォレットの連携は完了です。

まずは送金先であるBybitアプリを開いて、アドレスを確認していきます。

アプリを開いて右下の「資産」→「入金」を選択。

上部の検索窓に「sweat」と入力し「SWEAT」を選択。

入金画面が表示されるので、ネットワーク「NEAR」を選択し、アドレスをコピーしましょう。

イブ
イブ

ネットワークを間違えないように注意しましょう。

Sweat Walletアプリを開いて「Transfer」→「Send」を選択。

Bybitでコピーしたアドレスを入力→「Continue」を選択。↓

送金したい数量を入力して「Continue」を選択。↑

確認画面が表示されるので、下記の赤枠部をスライドすれば送金完了です。

イブ
イブ

ガス代は、Sweat Walletが負担しているのでかかりません!

④BybitでXRPに換金し送金

SWEATがBybitに到着したら、次はXRPに換金→送金していきましょう。

※SWEATは、国内取引所で取扱いがないので他の通貨へ換金する必要があります。

イブ
イブ

XRPは送金手数料が数十円と安いのでこれ一択ですね。

SWEATをXRPに換金

SWEATをXRPに換金する為には、

SWEAT→USDT
USDT→XRP

と変換していく必要があります。

SWEATとXRPのペアが存在しないので、一度USDTを経由する感じですね。

イブ
イブ

同じようなことを2回繰り返すだけなので、意外と簡単です。

まずBybitアプリを開いて、下部の「チャート」をタップ。

右上の虫眼鏡マークを選択し「SWEAT」と検索をかけると「SWEAT/USDT」が出てくるのでタップ。

売り」を選択し、換金したいSWEATの数量を入力して「SWEATを売り」をタップ。

イブ
イブ

成行注文を選択しておくと、その時の価格で取引できるのでスムーズです。

ここまででSWEATがUSDTになったので、同じことをXRP/USDTペアで行いましょう。

先ほどと同様に「チャート」から検索し(今回はxrp)、XRP/USDTを選択。

買い」を選択し、換金したい数量を入力して「XRPを買い」をタップ。

イブ
イブ

これでSWEATがXRPに変わりました!

XRPを国内取引所へ送金

日本円に換金するために、XRPを国内取引所へ送金していきます。

※国内取引所は手数料の安いビットフライヤー を例とします。
 持っていない方は5~10分でできるので、作っておくとお得です。

ビットフライヤーのアプリを開き、「入出金」→「仮想通貨」をタップ。

リップル」→「入金」を選択。

アドレス」と「宛先タグ」が表示されるので、それぞれコピーしましょう。

イブ
イブ

タップするとコピーできますよ!

Bybitアプリを開いて、「資産」→「出金」をタップし、「XRP」を選択。

ビットフライヤーアプリからアドレスとタグをコピーして入力

送金したい数量を入力して「出金」をタップ。

セキュリティ認証の画面が表示されるので、それぞれ入力して「同意する」をタップすれば送金完了です。

イブ
イブ

ここまでくればもう少し!

⑤国内取引所で日本円に換金

国内取引所にXRPが届いたら、あとは売却して日本円にするだけ。

注意点:取引所はブラウザから利用する

STEP④にて「販売所ではなく取引所を利用しましょう」という話をしました。

しかし、ビットフライヤー のアプリではXRPの取引所を利用できないのでブラウザを使いましょう。

イブ
イブ

スマホのsafariとかでOKです。

>>ビットフライヤー公式サイト


公式サイトにログインし、メニューより「bitFlyer Lightning」を選択。

上部のプルダウンより「XRP/JPY」をタップ。

あとは下にスクロールするとでてくる注文画面にて、数量を入力し「売り」を押せば完了です。

イブ
イブ

お疲れさまでした。現在価格で売却したい場合は「成行」タブを押して注文すると良いですよ。

【Sweatcoin】SWEATの換金にかかる手数料まとめ

SWEATの換金に関する手数料

ここでは、SWEATを日本円に換金する際にかかる手数料をまとめました。

発生する手数料は下記の通り。↓

結論からいうと、この記事のやり方通りにやれば1万円分送金して40円弱の手数料がかかります。

イブ
イブ

ポイントを押さえておけば、かなりお得に換金できる!

それぞれ、順に見ていきましょう。

①SWEATをBybitへ送金する手数料

SWEATをBybitへ送金する際の手数料はかかりません。

通常はネットワークを利用するガス代が発生しますが、Sweat Wallet側で負担してくれているのでゼロです。

Sweat Walletからの送金にかかるガス代はゼロ
イブ
イブ

上記は英語ですが、「発生するガス代はこちらで負担してますよー」という内容が記載されています。

②SWEATをXRPに交換する手数料

Bybitの取引手数料は一律で0.1%です。

参考:お取引の手数料体系┃Bybit

その為、仮に1万円分のSWEATを交換すると、1万円×0.001=10円ですね。

③XRPを国内取引所に送金する手数料

BinanceからXRPを出金する際の手数料は、0.25XRPです。

9/13時点のXRP価格は約50円なので、約12.5円が手数料としてかかります。

XRPの最新価格はこちら。
→XRPの最新価格

イブ
イブ

どれだけの量を送っても同じなので、なるべくまとめて送るとお得ですね。

④XRPを売却して日本円にする手数料

ビットフライヤーの取引所におけるXRPの取引手数料は、0.15%です。

1万円分取引すると、1万円×0.0015=15円の手数料が発生する計算ですね。

イブ
イブ

コインチェックなどで売却するとスプレッドで、売却額の3~5%取られるので注意しましょう。

【Sweatcoin】SWEATの換金時に注意すべきこと

SWEAT換金時に注意すべき事

ここでは、Sweatcoin(スウェットコイン)の通貨「SWEAT」を換金する際に、注意すべきことをまとめました。

イブ
イブ

早速、それぞれについて見ていきましょう!

①手数料の安いXRPを利用しよう

SWEATを日本円に換金する場合、一度他の通貨へ変換してから国内取引所へ送る必要があります。

その際には、手数料の安い「XRP」を利用するようにしましょう

XRPだと数十円で済むので、お得です。

イブ
イブ

ビットコインやイーサリアムでも送金は可能ですが、手数料で数千円取られてしまうので注意。

XRPを換金するならビットフライヤー

さらにXRPを換金するなら、取引所の利用できるビットフライヤー がおすすめです。

コインチェック等の販売所を使うと、取引額の3~5%は手数料として取られてしまうので注意しましょう。

イブ
イブ

記事前半の換金方法では、これらを加味して解説しているのでご安心だくさい。

②送金ミスに気を付けよう

仮想通貨の送金時に、送金ミスをしてしまうと資産が返ってこない可能性が非常に高いです。

慣れない内は、細心の注意を払いましょう。

気を付けるべきポイントは、

・ネットワークが間違っていないか
・アドレスが間違っていないか

の2点です。

イブ
イブ

上記2つを間違えることが、本当に多いので気を付けてくださいね!

③送金制限があることに注意

SWEATの送金には、制限がかけられていることがあります。

送金しようとした際に下記文言が出た場合、送金制限がかかっているので解除されるまで待ちましょう。

イブ
イブ

上記は、「Sweat Wallet同士でのみ送金が可能です」という意味ですね。

まとめ:Sweatcoinで歩いてSWEATを換金しよう

以上で本記事は終了です。

まとめると、Sweatcoinの仮想通貨「SWEAT」を換金する方法は下記の5STEP。

上記方法だと手数料やスプレッドで損せず、お得に換金することができます。

Sweatcoinで歩いてSWEATを稼ぎ、お得に換金していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました