コタキナバル発でオランウータンに会うならここ!【ツアーも紹介】

マレーシア

コタキナバル発でオランウータンに会いたい、と考えている方へ。

せっかくコタキナバルに行くのだからオランウータンを一目見たい、
どこに行けばみれるのだろう?
何か所かあるみたいだけどどこが良いの?

と考えていませんか?

今回はコタキナバルに訪れたら一度はみておきたい、ボルネオ島のオランウータンについてご紹介したいと思います。

日本では得られない、熱帯雨林ならではの出会いを求めている方は、ぜひ本記事をご覧ください。

オランウータンとは?

ボルネオ ジャングル

観光スポットの紹介に入る前に、
簡単にオランウータンについて説明します。

オランウータンとはヒト科に分類される動物で、低地の熱帯雨林に生息しており、名前の由来はマレー語で「森の人」という言葉が語源と言われています。

そんな「森の人」オランウータンは、現在インドネシアのスマトラ島と、コタキナバルのあるボルネオ島(別名:カリマンタン島)にしか生息していません。

さらに、度重なる森林伐採や地球温暖化の影響で個体数も減少しており、 オランウータンは絶滅の危機にさらされています。

今回紹介する観光スポットの中には、
そんな生息地を失ったオランウータンを保護し、リハビリテーションを経て森へと返す取り組みを行っている所もあり、彼らの生活を身近で観察することができますので、ぜひ足を延ばしてみてください。

オランウータンはどこに行けば会えるの?

ロッカウイ動物園

コタキナバル発でオランウータンに会うためには、いくつか選択肢があります。

ここでは、オランウータンに会えるスポットを3ヶ所ご紹介します。

・ロッカウイ動物園

・セメンゴ ワイルドライフ・リハビリセンター

・セピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター

手軽に訪れるならここ! ロッカウイ動物園

ボルネオ ジャングル

一つ目に紹介するのはロッカウイ動物園です。 

ここはコタキナバルから南に位置する動物園で、市内から約20km程で、所要時間は約30分。 今回紹介する中で最も手軽に訪れることができるスポットです。

サバ州の野生動物局によって運営されており、100種類以上の動物を見ることができます。 オランウータンだけでなく、テングザルやゾウにここで会えるのもポイント。

毎日決まった時間に「餌やり」があるので、間近で動物たちの食事シーンをみることができます。

入園時に時間を確認しておくことをオススメします。

より野生を求めるならここ!セメンゴ ワイルドライフ・リハビリセンター

コタキナバル オランウータン

次に紹介するのはセメンゴ ワイルドライフセンターです。 

ここはボルネオ島の南西部に位置し、コタキナバルからは飛行機で約1時間30分、空港から車で約20分のところにあります。

セメンゴではより野生に近いオランウータンに出会うことができます。

なぜならここでは、棲み処を失い保護され、リハビリ活動を終えたオランウータンが、野生に返るための訓練を受けています。

そのため、より野生に近いオランウータンの生活を見ることができるでしょう。

注意点としては、餌やりの時間にならないとオランウータンは来ない為、訪問する時間には気を付けましょう。

9時と15時からそれぞれ1時間ずつ餌やりの時間があります。

参考:セピロック・オランウータン・リハビリテーションセンター

3つ目は参考情報として、セピロック・オランウータン・リハビリテーションツアーです。

ここはボルネオ島の北東部に位置し、コタキナバルからは飛行機で約50分、空港から車で約20分のところにあります。

こちらでも②で紹介した施設と同様に、保護された半野生のオランウータンに会うことができます。

ですが、残念ながら2020年5月時点では、この施設があるサンダカンという地域で、 外務省から渡航中止勧告が出ている為、訪問は控えましょう。

どこに行くか迷ったときは・・・特徴別まとめ

ここまで、オランウータンに会えるスポットをご紹介させていただきましたが、結局どこに行くのがいいの?と感じている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、上記で紹介した3スポットについて特徴をまとめましたので、行き先を決める際の参考にしていただければ幸いです。

※移動時間、ツアー費用は5/5時点でコタキナバルを起点として、概算で算出していますので、目安としてください。

ロッカウイ
動物園
セメンゴ 
ワイルドライフ
リハビリセンター
セピロック
オランウータン
リハビリテーションセンター
移動手段バス、タクシー飛行機&タクシー飛行機&タクシー
所要時間半日1~1.5日半日~1日
ツアー費用約7500円約29000円
飼育形態動物園で飼育半野生半野生
その他外務省より渡航中止勧告有

さいごに

いかがでしょうか。

絶滅危惧にさらされているオランウータン
大自然に囲まれた中で生き生きと生活する姿は、日本では絶対にみることはできません。

コタキナバルへ訪れる機会があれば、オランウータンの貴重な姿をぜひ目に焼き付けていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました